1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

シングルジャケット
プロフィール

エルヴィス猫

Author:エルヴィス猫
FC2ブログへようこそ!
還暦を過ぎた親父が作ったブログです。10代の頃から、
自称エルヴィス「命」の大ファンで、その熱い想いはいまだ冷めておりません。このブログで通じて皆さんと楽しく交流が出来ればいいな~と思っています。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。ポチしてくれたらとっても嬉しいです
1800カウンター
アクセスカウンター
Today:

Yesterday:


出会いデリヘル出会い系出会いクレジット 現金化
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
足利市
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12

Category: pops

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

片目のジャック・・・Johnny Burnette
ジョニー・バーネットはコーラル時代伝説のロカビリー・バンド「ジョニー・バーネット・ロックン・ロール・トリオ」を1956年に結成し、サン・レコード時代のエルヴィスを脅かすバンドだった。
いまでも人気のある「Rockabilly Boogie」「Honey Hush」「Tear It Up」などの極上のロカビリーを歌って人気を博していたが、全国的には知られていなかった。メンバーはジョニー・バーネット(リズム・ギター)、ドーシー・バーネット(ウッド・ベース・・ジョニーの兄)、ポール・バリソン(リード・ギター・・彼の歪むようなサウンド、ファッズはアンプが壊れて偶然に生じた音)

彼らはサン・レコードにデモテープを送るが、サム・フィリップスに嫌われ自信を失ったが、
エルヴィスの<ステージ・ショー>を見て触発され、ニューヨークに向かい、アマチュア・コンテストで注目され契約金の良かったコーラルに契約する。デビュー曲<Tear It Up>を発表し、一部の地域だけ注目されるが、全米まで届かなかった。この後何枚かシングル盤を発表するがヒットせず、その後グループ内で不協和和音が生じた。

 それは人気が出ると必ず生じるのが、内部分裂でジョニーだけが人気が出たため、メンバーとの仲も悪くなり結局解散し、ジョニーは新天地リバティーに移りデビュー曲「Dreamin’」がヒットし「You’re Sixteen」が全米8位のヒットを放ったが、これが彼自身最大のヒット曲であるが、日本では全く無視された。唯一日本で彼の名前が知られる歌が「片目のジャック」である。この曲本国アメリカでは全くヒットしなかった。この曲を聴くたびに何か言い知れぬ思いが湧きあがってくるのは何だろう?彼の歌の中では好きな曲です。日本では克美しげるがカバーしている
 Scan10081.jpg

この歌はマーロン・ブランド主演の西部劇映画であるが、直接何の関係もないポップ・ソングである。

これからロカビリーを聴き始めるファンには「ジョニー・バーネット・ロックン・ロール・トリオ」のアルバムを勧める。ネオ・ロカビリのロバート・ゴードンは彼らの歌を好んで歌っている。中でも「ロカビリー・ブギー」は白眉もんである。シビレチャ~ウよ。

ジョニーはティーン・ポップスも歌っているが似合わない。やっぱり彼の本領はロカビリーである。
尚、<You’re Sixteen>はリンゴ・スターがカバーし1974年1月26付で全米1位に輝いている。

スポンサーサイト

Comments

カントリー&ウエスタン
猫さんはPopsのジャンルに入れているけれど
何度聴いても、やっぱりこれはカントリー&ウエスタンだなぁ~。
それに音作りがとても映画音楽っぽい^^
>この曲を聴くたびに何か言い知れぬ思いが湧きあがってくるのは何だろう?
ひょっとして猫さんの脳裏に映像が浮かんでる?
マーロン・ブランドの映画は見ていないけれど、なんだか映像が浮かぶ歌です。

You’re Sixteenはリンゴよりオリジナルの方が良かった^^

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。