1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

シングルジャケット
プロフィール

エルヴィス猫

Author:エルヴィス猫
FC2ブログへようこそ!
還暦を過ぎた親父が作ったブログです。10代の頃から、
自称エルヴィス「命」の大ファンで、その熱い想いはいまだ冷めておりません。このブログで通じて皆さんと楽しく交流が出来ればいいな~と思っています。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。ポチしてくれたらとっても嬉しいです
1800カウンター
アクセスカウンター
Today:

Yesterday:


出会いデリヘル出会い系出会いクレジット 現金化
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
足利市
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25

Category: ロックン・ロール

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

Roll Over Beetoven (ビートルズ盤)
 この曲を書いたのはJohnny B Goode(US8位),Sweet Little Sixteen(US2位),Rock And Roll Music(US8位 )のヒットを放った、黒人ロックン・ローラーチャック・ベリーの作品。
彼はビートルズが登場するまでは本国アメリカでは高く評価されていなかった歌手だった。
でも、イギリスのロック・グループが彼の曲を好んでカバーしている。
例えば、ザ・ローリング・ストーンズは<Come On>、ザ・デーブ・クラーク・ファイブ<Reelin’ And Rockin’>、ジ・アニマルズ<Memphis Tennessee>、また、ジョン・レノンは<You Can’t Catch Me>など。これらの歌手のおかげで、アメリカでもチャックの見る目と評価が変わった。

 <ロール・オーバー・ベートヴェン>はUS29位と成績は振るわなかったが、セールス的には100万枚売り上げている。この曲をザ・ビートルズ(US68位)が取り上げている。猫はチャック盤よりもビートルズ盤が好きだ。彼らは下済み時代にこの曲を数え切れないほど演奏したことだから、なんか、軽く演奏してる風に感じられるし、お手の物いわゆる十八番の曲だね。リード・ボーカルのジョージもこなれた感じでロックン・ローラーらしく?任しておけって感じでスッキリした黒っぽさの歌い方がいいね。
roll over Beetoven

 日本盤は<Twist And Shout>とカップリングされているが、US盤は日本でも人気があった<Please Mister Postman>とカップリングで発売。

 ビートルズの最高のカバーはなんていたってA面の<Twist And Shout>これはすごいよ。
この曲も後で解説したいと思っています。

スポンサーサイト

Comments

協力者
いつも、困ったときに助けてもらっているのが、猫の友人O君はレコード店のマスターである。マスターは音楽に関しては猫より詳しいです。ギターも上手で、知り合ったころは時々、彼の演奏を観にいったこともあります。

今でも記憶があるのは。<Hippy Hippy Shake>の演奏には、内心驚きました。この人、こんなに上手なギター・プレイヤーだったんだと、改めて見直しました。なんかいつも飄々としている彼には、見習う面が多々あります。

これからも、彼の助けを借りてブログに頑張る次第です。
最高、かっこいい。
猫さん、ありがとう。
やっぱり、B4は素敵です。
このレコードもってました。
A面の「Twist And Shout」は聞き飽きるぐらい聞いていました。
この時代は、とにかくリバプルサウンド、ロンドンサウンドと夢中になっていました。R・Sの「Come On」なども聞きまくっていました。
DC5も好きでした。
当時、エドサリバンショウが放映さされていて、B4、DC5など英国のグループが多く出ていましたね。女の子の声がすごかったですね。
B4は大ファンでしたが、ハーマンズ・ハーミッツも大好きでした。「ミセスブラウンのお嬢さん」「朝からごきげん」など歌詞を覚えて歌っていました。
本当にあの頃は、アメリカンポップより英国のグループの方がお気に入りでした。
NO TITLE
チャック・ベリー、懐かしい名前だ!

ビートルズの「Roll Over Beethoven」
いつも聴いているアルバムCDをチェックしたら入っていました^^
発売当時のビートルズのシングルB面でジョージの歌なんて、かなりレアだよ。
でもA面「Twist And Shout」は知ってる、良く聞きましたよ。
猫さん、B面の曲にも強いんですね。

レコード店の友人の存在は、強い味方だね。
NO TITLE
京の鈴さん、笑いさんこの手の曲になると思いがあるんですね。猫が高1あたりに発売されました。このごろはエルヴィスに夢中でしたので、ビートルズの人気を横目で見ながら、ただ一筋<エルヴィス命>でした。

ハーマンズ・ハーミッツですか?確かピーターヌーンと言いましたよね。
僕らはハードな歌は歌えないので、ソフト路線でやっていくようなことを放していましたが、確かにそうですね。
<朝からごきげん>はアメリカのアール・ジーンという女の子のオリジナルでハーマンの方はカバー・レコードです。

京の鈴さんはイギリスのビート・グループに詳しいですね。
猫はDC5が好きです。ビートルズよりも猫はDC5でした。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。