1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

シングルジャケット
プロフィール

エルヴィス猫

Author:エルヴィス猫
FC2ブログへようこそ!
還暦を過ぎた親父が作ったブログです。10代の頃から、
自称エルヴィス「命」の大ファンで、その熱い想いはいまだ冷めておりません。このブログで通じて皆さんと楽しく交流が出来ればいいな~と思っています。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。ポチしてくれたらとっても嬉しいです
1800カウンター
アクセスカウンター
Today:

Yesterday:


出会いデリヘル出会い系出会いクレジット 現金化
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
足利市
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18

Category: pops

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

愛しのラナ
愛しのラナは1963年に発表された曲。50年代末にテキサス州オデッサの高校教師バージル・ジョンソンと、生徒4人で結成された黒人のグループ「ザ・ベルベッツ」が1963年から64年にかけて大ヒット。
この曲は「オー・プリティー・ウーマン」「オンリー・ザ・ロンリー」「ランニング・スケアード」などのヒットを放ったロイ・オービソンが彼らのために書いた作品で、アメリカではラフ(全米90位)のB面に発表された。ロイ自身も歌っているが、猫はどちらも好きですが、ノリのよさと楽しさはベルベッツに軍配が上がる。
この他に「夢のお月様・・Tonight」が,ラナのヒットのおかげで便乗ヒットしました。
P1010546Lana.jpg

愛しのラナと夢のお月様

「愛しのラナ」はアメリカではヒットしませんでしたが、日本では馬鹿受けしポップでノリが良かったため、約半年以上の長期に渉るヒットとなりました。今までいろいろな黒人グループが日本に紹介されたが、例えば「ザ・ドリフターズ」「ザ・フォー・トップス」「ザ・コースターズ」「ザ・シュープリムス」「ザ・ロネッツ」など話題にはなりましたが、このベルベッツの人気には程遠かったような感じがします。

1963年は日本のみのヒット曲があります。例えば・・
キューティ・パイ(ジョニー・ティロットソン)
ルート66(ジョージョ・マハリス)
イチゴの片思い(ナンシー・シナトラ)
などがあります。また映画音楽の主題歌も話題になりました。

1963年の国内最大のヒット曲は「悲しき雨音」がダントツに人気があった年でもあります.次はリトル・ペギー・マーチの
「I will follow him」かな。1963年のアメリカン・ポップス界は非常に興味がある年なのであとでまたお話します。



スポンサーサイト

Comments

NO TITLE
最初のでだしを、聞いただけで、この曲よく口部さんでいたのを思い出します。
当時、アメリカでは黒人差別のあった頃だと追うけど、ヒット曲を多く歌っていたのが黒人だったような気がします。
特に、私はザ・シュープリムスが大好きでした。
久しぶりだけど、これからもよろしくね。


ソノシートって片面だけだっけ?
記憶が正しければ、このレコードは「ソノシート」で持っていた気がする。
と言うことは何かの付録で付いていたのだろうか?
この歌声を聞くだけだと、黒人の声には聞こえませんね。
今聞くと、甘い声だね……日本でヒットしたという理由はこの辺にあるのかも。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。