1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

シングルジャケット
プロフィール

エルヴィス猫

Author:エルヴィス猫
FC2ブログへようこそ!
還暦を過ぎた親父が作ったブログです。10代の頃から、
自称エルヴィス「命」の大ファンで、その熱い想いはいまだ冷めておりません。このブログで通じて皆さんと楽しく交流が出来ればいいな~と思っています。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。ポチしてくれたらとっても嬉しいです
1800カウンター
アクセスカウンター
Today:

Yesterday:


出会いデリヘル出会い系出会いクレジット 現金化
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
足利市
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13

Category: ロックン・ロール

Tags: ---

Comment: 5  Trackback: 0

Rock Around The Clock
ビル・へイリーはもともとカントリ畑の出身で、ビート感強く躍動感溢れる音楽を求めていた。
彼は1952年エセックス・レコードで「Crazy Man Crazy」を初ヒットさせた。

1955年映画「暴力教室」の主題歌「ロック・アラウンド・ザ・クロック」が若者に歓迎され、全米No1の大ヒットになった。この1曲でポップス界はロックン・ロールへと動き出した。
この曲はロックン・ロールへ出発点の黎明期に当たる重要な作品だと思うし、ポップ史上永遠不滅の
作品だ。人類が生存する限り語り継がれていく、ロックン・ロールの名曲だ。ポップス・ファンはこのことを忘れてならないと思う。

ロックン・ロールのルーツを遡ると、ジャッキー・プレンストンの「ロケット・88」がロックン・ロール最初の曲だとされているが聴いた限り、ヘイリーのほうがストレートで軽くリズム感があるし、ビート、ジャンプ溢れる作品になっている。

オリジナルはソニー・ディーが1954年に発表しているが、こちらの曲はいまいちノリがなく、少しジャズっぽい感がする。
まぁ、この曲でビル・ヘイリーと彼のコメッツはエルヴィスが現れるまで全米No1のロックン・ロール・スターとなった訳だ。彼らグループの活動期間は短く1955年から1957年までで、何しろ、ロック・アラウンド・・が偉大すぎて後のこの曲と肩を並べるヒット曲はない。
これだけの大ヒット放ったにもかかわらず彼らはエルヴィスのような大スター扱いはされなかった。ちょっと、可哀想だね。

彼らグループはアメリカからイギリスへと活動の場所を変えた。なにしろ、イギリスの歓迎振りは、
エルヴィスをしのぐ人気者だった。

やがて、ライブを見たファンは現実のヘイリーを見てガッカリすることになる。
それは、ヘアースタイルが横山ノック、体形も親父みたいでエルヴィスみたいに、ハンサムでもない彼にガッカリしたのだ。でも、今でもイギリスでは人気がある。
Scan10012.jpgロック・アラウンド・ザ・クロック



世界35カ国140以上のバージョンが発表されていると・・
彼の音楽はダンス・ミュージックに終始したようの思われる。だから、エルヴィスが登場して、時代の流れについていけなかったことが、活動の場をアメリカからイギリスへと求めたのかもしれない。

尚、Rock And RollはクリーブランドのDJアラン・フリードが名付け親。
彼は1952年黒人専門局ラジオから「ムーンドッグ・ロックン・ロール・ハウス・パーティ」を流していた。

スポンサーサイト

Comments

猫ちゃんありがとう。
お返しに私も1番にコメントさせていただきます。
この曲は私でもよ~く知っています。
とっても軽快で楽しい曲ですよね。

ず~っと下の黛ジュン。
「ブラック・ルーム」は知りませんでしたが「天使の誘惑」は時々カラオケで歌うんですよ^^
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
アメリカン・グラフティー
映画「アメリカン・グラフティー」の始まりはこの曲だった^^
5~60年代のアメリカの若者達にとって、この曲は青春の1ページを埋めた曲だったはず!
やっぱり不良っぽいイメージを持ったエルヴィスの方が似合うね^^

ヘイリー >ヘアースタイルが横山ノック、体形も親父みたい
「カッコわる~~い・・・」(爆
やっぱり映画のテーマ曲とか、海賊放送のDJが流行らせたんだろうね。
NO TITLE
これこそ、ロックンロールの名曲ですね。
当時の若い頃を思い出します。学校では、私じゃありませんが、歌詞はともかくほうきをギターにみたてて、歌っていた奴がいました。
それほどに印象深い曲です。
ちなみに、この様な曲を歌っているのは、今で言うおじんたちだったような気がします。
NO TITLE
京の鈴さん、4件まとめてのレスありがとう。
シュープリムスの初めてのUS1位「愛はどこにいったの」好きでした。
確か、ベストアルバムを持っていますが、どこにあるか所在不明です。
この歌はマーベレッツが歌う予定でしたが、「こんな屑歌歌えない」というので
シュープリムスにおはちが回ってきたとか?

でも、チャンスはこの1曲で彼女らはこの曲含めて5曲連続1位、また、ビートルズに対抗できるアメリカのグループだったそうで、すごい人気でした。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。