1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

シングルジャケット
プロフィール

エルヴィス猫

Author:エルヴィス猫
FC2ブログへようこそ!
還暦を過ぎた親父が作ったブログです。10代の頃から、
自称エルヴィス「命」の大ファンで、その熱い想いはいまだ冷めておりません。このブログで通じて皆さんと楽しく交流が出来ればいいな~と思っています。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。ポチしてくれたらとっても嬉しいです
1800カウンター
アクセスカウンター
Today:

Yesterday:


出会いデリヘル出会い系出会いクレジット 現金化
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
足利市
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21

Category: インストメンタル

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

King Of The Surf Guitar・・・Dick Dale And The Del-Tones
 king of the surf guitar Dick_Dale1.jpg

ビーチ・ボーイズの中で一番のお気に入りの歌は<夢のハワイ>です。
本当にこの当時はハワイに行くなんて夢また夢の話でした。
その昔、岡晴夫さんの<あこがれのハワイ航路>とい歌がヒットしましたが、正にその通りでした。

この曲は高校時代にラジオから流れてきて、アメリカの香りがしていました。
日本の歌と違ってセンスがあってハイカラ(死語ですね^^)な音楽だと羨ましく聴いていました。
彼らの音楽の中ではやっぱりSurfin’ and Hot Rodのスタイル曲が一番いいです。
グッドバイ・ブレーションは猫には難解すぎて分かりません。

 さて、ビーチ・ボーイズの話はこれくらいにして、以前から忘れっぽくなっています、それも重症みたいです。年を重ねるとこうなるんだとつくづく思い知らされました。
昨日も友人とそんな話になり、「年はとりたくないな~」と親父3人でそんなことで盛り上がって。
確かに猫は今62歳でママ猫と子供達から「パパ、頼んでいたものどうした~」と聞かれ猫は「?」状態です。困ったもんです。生活に支障が出ないだけ救われてはいますが。
さてどうでもいいような話題はこれでチョン!

 <今日の一曲>はなにがいいかな~と考えた末、サーフィン・ミュージックの創始者の”King Of The Surf Guitar” 異名を持つディック・デール・アンド・ザ・デルトーンズの<King Of The Surf Guitar>です。
彼は1959年彼の父親が経営しているDel-Toneレーベルから、<Ooh-Wee Marie/ Breaking Heart>でデビューを果たしましたが、ヒットはしませんでした。
彼は1963年大手のキャピトル・レコードと契約し、デビュー一作目の<Have Nagila>とカップリングで
リリースしましたが、なぜかヒットはしませんでした。これだけの実力を持ちながら、全国ヒット曲はLet’s Go Tripiin’( # 60)とThe Scavenger( #98)の2曲のみと寂しい感じがします。
おそらく、これはキャピトル・レコードの売り方が失敗したんだね。宝の持ち腐れとはこの事いうのか
惜しい事したもんだ。

この曲は女性のコーラスが入るので純粋な意味でのインスト・ミュージックとは言えませんが、それを除けば真に素晴らしい、インスト・サーフィン・ミュージックの一言に尽きます。
彼らしい豪快な演奏ですし、数あるインスト・ナンバーの中でも大好きな曲です。
彼等はビーチ・ボーイズと比較するヒット曲も少ないし、国内の知名度も低いです。  
 しかし、マニアの中では依然として人気が高いグループです。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。