1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

シングルジャケット
プロフィール

エルヴィス猫

Author:エルヴィス猫
FC2ブログへようこそ!
還暦を過ぎた親父が作ったブログです。10代の頃から、
自称エルヴィス「命」の大ファンで、その熱い想いはいまだ冷めておりません。このブログで通じて皆さんと楽しく交流が出来ればいいな~と思っています。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。ポチしてくれたらとっても嬉しいです
1800カウンター
アクセスカウンター
Today:

Yesterday:


出会いデリヘル出会い系出会いクレジット 現金化
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
足利市
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20

Category: Rockabilly

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

Drugstore Rock And Roll・・・・・Janis Martin
 ジャニス・マーティンの本名はジャニス・ダーレン・マーティンといい、1940年3月27日バージニア州生まれ。
彼女は1950年代中頃に急速に人気の出てきた新しい音楽、ビート感溢れる<ロカビリー>は主に男性歌手によって占められていたが、彼女は数少ないロッキン・カントリー・ギャルとして、草創期の女性ロカビリー歌手の先駆者であった。そのころは女エルヴィスと呼ばれていた。
Janis+Martin+JanisMartin.jpg


 彼女のデビューは16歳の時RCAに於いて<Will You Willyum/Drugstore Rock And Roll>吹き込み
<Will You Willyum>がポップ・チャート35位のヒットになった。これが彼女のキャリアの中で最大のヒットと唯一のヒットでもある。
7608.jpg


 Capitol Recordsでデビューしたもう一人のロカビリー・カントリー・ギャルのワンダ・ジャクソンがいるが、デビュー時期はどちらが早かったと言えば、ジャニスが1956年4月7日、ワンダは1956年7月21日<I Gotta Know/ Half As Good A Girl>でデビューとなっていますので、ジャニスのほうがワンダよりも3カ月先輩となっていますが、あれから53年経った今殆ど同時期といってもいいでしょうね。

 でも、日本に於いては少々ケバく美人のワンダの方に人気が出て、ジャニスは殆んど無名な存在になってしまった。可哀そうなジャニス。名曲<My Boy Elvis>なんて曲もあるけどほとんど知られることなく無視されてしまった。でも昭和31年8月20日付の78回転レコード(S-263)にエルヴィスの<I Want You I Need You I Love You/ Will You Willyum>として発売されています。これが、唯一日本紹介のレコードかなと思いますが・・・同曲で昭和32年3月ビクターSS-1004盤のシングル盤としてもリリースしています。

 「今日の一曲」の<ドラッグストア・ロックン・ロール>を初めて聴いた時は、ワンダ・ジャクソンを初めて聴いた時もびっくりしたが(声で)、ジャニスの時もビックリしました。ずいぶん威勢のいいネーちゃんだと思ったから。それもそうだよね16歳だもの元気はあるわ。これもヒットしておかしくない曲ですがヒットはしませんでした。この曲を初めて聴いた年は25~6歳あたりだったと思う。新鮮に聴こえました。
2800.jpg

 彼女の中で一番ハードなロカビリーは<All Right Baby>だと思いますが、これがギンギンの疾走感溢れる作品となっています。その他にロイ・オービソンのカバー<Ooby Dooby>,<Bang Bang>,<Billy Boy>などのロカビリー作品があります。

 尚、彼女は10代で妊娠したため<Bang Bang>を最後にRCAから去っています。
彼女はベルギーのPaletteに於いて1960年<Here Today And Gone Tomorrow>で再デビューしています。

スポンサーサイト

Comments

いいね♪
>ずいぶん威勢のいいネーちゃんだと思った
いいじゃない、これ!
しっかりロックしていますね~^^
このブログを見ていなかったら、決して知ることのなかったジャニス、
こんな女性ロカビリー歌手がデビューできるのも、アメリカの音楽市場の懐の深さだね。
もっといるよ
この手のロッキン・ギャルはたくさんいます。今思うと、「エッ、こんな人も歌っていたのかと」。例えば美人誉れ高い<ジャッキ・デ・シャノン>もデビュー当時はご機嫌なロカビリーを歌っていましたし、前に紹介した<ボニー・ギター>も歌っています。結構カントリー系の歌手がおおいです。男女問わず。

ジャニスの<My Boy Elvis>もカッコいいですよ。
My Boy Elvis
>ジャニスの<My Boy Elvis>もカッコいいですよ。
聴いてみました、いいなぁ~^^
映像はないけれど、まるで演奏している姿が目に浮かぶような正統派のロカビリーだね。
初めて聞く名前
ここで全く知らない歌手が出てくると思いますが、これはまだほんの一部です。
来年は多くの無名の歌手を取り上げたいと考えています。

例えば<ボブ・ルーマン>とかね。この歌手には70年代エルヴィスのバックでリード・ギタリストの<ジェームス・バートン>がいました。リッキー・ネルソンのバックにいた時もありました。

映像でギターを弾いている人が若き日のジェームス・バートンです。http://www.youtube.com/watch?v=7XYp7-gX8tM&feature=related 
http://www.youtube.com/results?search_query=bob+luman&search_type=&aq=f
唯一のヒット曲です。
   ↓
http://www.youtube.com/watch?v=V4KdCnBL4u8

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。