1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

シングルジャケット
プロフィール

エルヴィス猫

Author:エルヴィス猫
FC2ブログへようこそ!
還暦を過ぎた親父が作ったブログです。10代の頃から、
自称エルヴィス「命」の大ファンで、その熱い想いはいまだ冷めておりません。このブログで通じて皆さんと楽しく交流が出来ればいいな~と思っています。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。ポチしてくれたらとっても嬉しいです
1800カウンター
アクセスカウンター
Today:

Yesterday:


出会いデリヘル出会い系出会いクレジット 現金化
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
足利市
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20

Category: 記事

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

英国の侵略
1964年2月1日は英国のポップス界は念願のアメリカ上陸を果たすきっかけになった記念碑的な日になったのです。
それは、ザ・ビートルズの「抱きしめたい」がビルボードNo1に輝いた日です。
それ以前にもNo1になった曲はあります。その曲・・アッカー・ビルクの<白い渚のブルース>と、トーネドースの<テルスター>がですが、アメリカ侵略とまで発展しませんでした。

また、英国のポップスの帝王クリフ・リチャードも進出を試みましたが、成功とまではいっておりませんでした。が、ビートルズは違いました。今までの軟弱なアメリカンポップスに興味を失い始めたファンが、斬新な襟なしスーツにマッシュルーム・カットのグループが歌う、一昔の忘れかけていた野性的でロックン・ロールに飛びつくのに時間はかからなかった。理由は当時のアメリカのポップスは甘ったるいドリーミーなソフトロックが主流だった。そんな音楽に飽き飽きしていたファンが両手を挙げて歓迎したのは当然だと思う。

でも、順調に見えたビートルズさえも、アメリカで成功を得て人気グループになるまで11カ月無視されていたのです。ブライアン・エプスタインも頭を抱えてしまったことだと心情察しますが、そのころのアメリカは海外の音楽には閉鎖的だったでも、長崎の出島ではありませんが、少しは受け入れたのです。それが、アッカー・ビルクであり、クリフであり、トーネドースであったのです。
そんな理由で1963年にアメリカで発売したビートルズのレコードは悉く失敗に終わりました。
それも、レコード会社を替えても変化はありませんでした。

<抱きしめたい>・は、キャピトル・レコード、<シー・ラブズ・ユー>はスワン・レコード
<プリーズ・プリーズ・ミー>はヴィ・ジェイ・レコード、<ツイスト・アンド・シャウト>はトロイ・レコードと各社ばらばらに発売しています。
それが突如アメリカの気まぐれか<抱きしめたい>が1964年1月18日付で初登場45位にランクされ、僅か3週間という高速でビルボード1位になってしまったのです。こんなスピードで1位になった曲は今までないと思う。エルヴォイスさえ果たせなかった記録だ。

ビートルズの大成功によって、やっと英国ポップス界が念願のアメリカ上陸を果たすことが出来たのです。良かったね^^イギリスのビート・グループはビートルズによって、アメリカへの進出を果たすきっかけを作ったのだから感謝すべきだね。

それから、堰を切ったように、ザ・デーブ・クラーク5、ストーンズ、キンクス、アニマルズ、サーチャーズ、フー、ハニーカムズ、フレディ・アンド・ドリーマーズ、ハーマンズ・ハーミッツ、ゲーリ・アンド・ザ・ペースメーカーズ、ビリー・J・クレイマー アンド・ザダコタス、スインギング・ブルージンズ、ピーター・アンド・ゴードン、などなどがアメリカのポップス界に進出して、ヒット・パレードを席巻しました。正に、1964年は<ブリティッシュ・インヴェイジョン>の年だった。
今までアメリカ主流だったポップス界も、ビートルズの出現によってイギリスも主導権を握ってしまった。
それ以後、イギリス抜きのロックはアメリカでは考えられない状態に突入した。
aP1010492a.jpgaimg_216732_931337_10.jpgaimg_312667_1613306_1.jpg>aホンキィ・トンク・ウィメン


ところで、日本も音楽産業盛んな所だけど、、イギリスみたいになるかっていうと、それは無理!
なぜって、今の国内のポップス界を見ると分かると思う。アジアでは人気が高いが、欧米ではまだ受け入れてはもらえないし、認められてもいない状態だ。<スキヤキ>は番外中の番外だ。
日本のアーティストもヒット・チャート飾っているが、それは、永続的なものではなく、単発、いわゆる一発やで消えている。エイちゃんもヒカルも失敗に終わっている。日本では通用しても、世界を相手とすると力不足を感じるね。

you really got me
I can let go
Tabacco Road
スポンサーサイト

Comments

J-POP
J-POPというか和製ポップスは、言葉の問題もあるから、欧米でのヒットは難しいでしょうね。
最初から「世界に出る」と謳った曲も、翻訳できないようなフレーズがあるし、どこかで聴いたようなメロディーが多い。
J-POP自体が欧米の真似から始まっているから仕方ないのかも^^
ニューミュージック系の方が海外に通用すると思うのは、言い過ぎかな?

しかし、ビートルズはやっぱり偉大だったね^^

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。