1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

シングルジャケット
プロフィール

エルヴィス猫

Author:エルヴィス猫
FC2ブログへようこそ!
還暦を過ぎた親父が作ったブログです。10代の頃から、
自称エルヴィス「命」の大ファンで、その熱い想いはいまだ冷めておりません。このブログで通じて皆さんと楽しく交流が出来ればいいな~と思っています。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。ポチしてくれたらとっても嬉しいです
1800カウンター
アクセスカウンター
Today:

Yesterday:


出会いデリヘル出会い系出会いクレジット 現金化
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
足利市
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07

Category: Blues

Tags: ---

Comment: 5  Trackback: 0

ブルーズ大好き
あの~猫はブルーズは詳しくありません。唯好きなだけですので、間違っている事を書いているかもしれませんが、その辺はご勘弁を^^では・・・

1920年マミー・スミスが吹き込んだ<That Thing Called love>が初めてのブルーズ・レコードと言われています。
エルヴィス・プレスリーの「That’s All Right・・・アーサー・クリューダップ」、「Milkcow Blues Boogie・・・ココモ・アーノルド」「Baby Let’s Play House・・・アーサー・ガンター」は元々はブルーズ・ナンバーであります。
彼の代表作「Hound Dog」のオリジナルはコテコテのブルーズですから。
ブルーズ・ナンバーをロカビリーにアレンジした作品は結構ありますが、代表的なものではカール・パーキンズの「Matchbox」は盲目のブルーズメン<ブラインド・レモン・ジェファースンの「Matchbox Blues」がオリジナルです。
これはスティーブ・レイ・ボーンもカバーしています。

1960年代の中ごろに白人のブルーズ・バンドが現れてきて、今まで表面にで来なかったブルーズ・メンの再発見が起こりました。それまではブルーズは本家のアメリカよりイギリスの方が熱心でした。アメリカではブルーズの事<レイス・ミュージック>と言われ、黒人(カラード)向けに製作されたレコードを指します。でもそんなことに関係ないイギリスではブルーズの父と言われる<アレクシス・コーナー>を中心としたブルーズメンが腕を競いあっていました。
教え子には<ジャック・ブルース><チャーリー・ワッツ>などがいた。ストーンズのミック・ジャガー、ブライアン・ジョンーズなどもコーナーに触発されグループ結成に繋がった。

そうした、イギリスのブルーズがアメリカに逆輸入されて、白人のブルーズ・バンド<ポール・バターフィールド・ブルーズ・バンド>がデビューした。このメンバーは黒人二人がメンバーにいることで話題になった。このころのアメリカはまだ人種差別が公然とまかり通っていた時期である最中を考えると、勇気があるバンドだと思う。

でも考えるとブルーズはエルヴィスがもうデビュー当時から歌っているんだよ。猫は何を今さらって感じだけどね。
エルヴィスの「ELVIS IS BACK」の中でロウエル・フルスンの「Reconsider Baby」をカバーしている。
これは、白人では最高峰のブルーズ・ナンバーの作品だと思っている。ブーツ・ランドルフ最高だね。

猫は個人的に好きなブルーズメンはスライド・ギターの名手<エルモア・ジェームス>、豪快な<フレディ・キング>、フライング・Vの<アルバート・キング>やマジック・サム、バディ・ガイ、オーティス・ラッシュなど。
白人ではスティーブ・レイ・ボーン、ジョニー・ウィンター、ゲイリー・ムーアー。そう、ムーアーの「Still Got The Blues」は最高です。クラプトンはあまり・・・・ではありません。あっそうそう、大事なグループを忘れていました。ピーター・グリーンの<フリートウッド・マック>も好きなバンドです。ジェレミー・スペンサーがエルモア風にスライド・ギターが冴えわたっています。このグループのアルバムとCDは買い揃えました。

ところで今でも人気のあるロバート・ジョンソンンの「Sweet Home Chicago」の元歌はココモ・アーノルドの「Old Original Kokomo Blues」です。ユーチューブでバディ・ガイの映像がありますがいいですね。ノリノリで気持ち迄がウキウキして気持ちいです。

好きな曲は沢山ありますが、特にお気に入りは・・
オーティス・ラッシュ「I Can’t Quit You Baby」「All Your Love」
アルバート・キング「Born Under Bad Sign」「Oh,Pretty Woman」
ジョニー・ウィンター「Mojo Boogie」などです。

ホンの一部ですが、コレクションからアルバム・ジャケットを紹介します。
P1010613.jpgP1010704.jpgP1010705.jpgP1010706.jpgP1010707.jpgP1010709.jpg

Old Original Kokomo Blues
SweetHome Chicago
スポンサーサイト

Comments

こんにちは。
こんにちは。
早速遊びに来ました。
僕は、ブルースと言えば、まずクラプトンかな・・?
他には、アルバート・キングやジョニー・ウィンター、マジック・サムあたりが好みですね。
そうそう、ゲイリー・ムーアも大好きですよ。
これからも、ちょくちょくお邪魔します。
宜しくお願いしま~す。
いらっしゃい
早速遊びに来ていただいてありがとう^^

まずお決まりの質問ですが、ブルースが好きになった動機は何でしょうか?
猫はエルヴィスの影響と友人がロック・バンドやってまして、そこで聴いたブルース(Sweet Home Chicago)を演奏していたのがなんか衝撃的でした。レコードもいいけどやっぱ直に聴くとインパクトがありますね。

それから、一枚一枚とブルーズのレコード買い集めていました。
最初に買ったアルバムはP-Vineレコードで発売していた「オーティス・ラッシュ」ですね。それもコブラ盤です。

一番のお気に入りはエルモア・ジェームスです。スライド・ギターが好きなもので・・
ブルーズは初心者なものでこれから、分からない事があったら教えて下い。

ではまた・・エルヴィス猫

St. Louis Blues
猫さん紹介の「Old Original Kokomo Blues」と「Sweet Home Chicago」を聴いていたら
相方が寄ってきて「何の音?……どうしたのよ!?」と驚いていました^^
あまりに音が悪くて、音楽を流しているようには聞こえなかったらしいよ!
あっはっはっは~、これは僕のPC用スピーカーが悪いのか、あまりにも録音がひどいのか・・・
でも初期の録音はこんなものだよね。

「土佐のオヤジ」さん
僕もたまに「音楽昔話ブログ」を覗いていますよ。
FC2ブログランキングでは猫さんのライバルだけれど、
素敵な話題満載の音楽好きの音楽ブログ!お気に入りですよ^^

猫さん、
http://www.youtube.com/watch?v=9nwHdvxEDaU
↑これを忘れていない?(またURL透明表示かな)
どうやるのかな、透明表示は
http://www.youtube.com/watch?v=9nwHdvxEDaU
↑これを忘れていない?(またURL透明表示かな)

>>あまりに音が悪くて・・なんてたって1934年の録音ですからね。
PCのSPではありません。でも奥さんが驚くほどだからよっぽど悪い音がしたんだ。

透明表示
普通にURLを貼ると、透明になってしまう仕様だと思います。
有害サイトの宣伝や悪戯の防止用でしょうね。

相方はこの時代のブルースを聴いたことがなかったらしい^^
スピーカーはipot用の小さいもの、確かに音はそんなに良くないです。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。