1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

シングルジャケット
プロフィール

エルヴィス猫

Author:エルヴィス猫
FC2ブログへようこそ!
還暦を過ぎた親父が作ったブログです。10代の頃から、
自称エルヴィス「命」の大ファンで、その熱い想いはいまだ冷めておりません。このブログで通じて皆さんと楽しく交流が出来ればいいな~と思っています。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。ポチしてくれたらとっても嬉しいです
1800カウンター
アクセスカウンター
Today:

Yesterday:


出会いデリヘル出会い系出会いクレジット 現金化
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
足利市
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30

Category: pops

Tags: ---

Comment: 13  Trackback: 0

グッド・ラック・チャーム・・・・・エルヴィス・プレスリー
エルヴィスが除隊した時は、50年代の破滅的で牙のあるロックン・ロールが下火になっていて、それに取って代わって、ヒットチャートを賑わしていたのは、甘くシュガー・パウダーで包み込むような女の子の心をとろけさせる様なラブソングと、チャビー・チェッカ「ザ・ツイスト」、ジョイ・ディーとスターライターズ「ペパー・ミント・ツイスト(パート1)」が大ヒットする程の猫も杓子もツイスト・ブーム全盛の時でもあった。

ロックン・ロールの時は凄い批判中傷の雨あられ状態であったが、時が変わると人の心も変わるとはこのことを指すんだね。ガキからセレブな人種までが腰を振り振り踊っていたんだからね。そういう猫もガキの時代ツイストを夢中になってレコードに合わせて踊り狂っていました。授業中でも踊っていたんだから、余程のお馬鹿さんでした。

さて、「グッド・ラック・チャーム」はそんな時代背景にヒットしました。ゆったりとした感じのミディアム・テンポの作品です。これと言った特徴のない感じの曲ですが、エルヴィスは気持ちよさそうに歌っています。余裕すら感じますね
グッド・ラック・チャーム

エルヴィスは1956年の初の全米1位になった「ハートブレーイク・ホテル」から、1962年迄7年間連続1位ヒット・パレードに送り込んでいます。これは、ビートルズと並ぶ大偉業です。が、この曲「グッド・ラック・チャーム」を最後に1969年の「サスピシャス・マインド」が1位になるまで、7年間1位から遠ざかっていました。でもこれがエルヴィス自身最後の1位の曲となってしまいました。

日本では可愛い梅木マリちゃんが「可愛いグッド・ラック・チャーム」の邦題でカバーしています。
歌っているとこでキッサテンのとこが♪ちっサテンのみんなちっちゃなわたしを・・と聴こえますが、猫の耳が悪いのでしょうか?
この歌マリちゃんシャックリ唱法全開で歌っていますよ。ところで。彼女は元華族の出なんですって、知らなかったです。

photo.jpg
スポンサーサイト

Comments

甘い声
「エルヴィスは自分の声が高音なのを気にしていて、
意識して低音で唄ったのが、彼の甘い声の原点」
というのを証明するような、甘~い低音だ^^
>エルヴィスは気持ちよさそうに歌っています。余裕すら感じますね
歌い方にも力みがなくて、気持ちよく聴けました。

梅木マリ「可愛い……」もYouTubeで聴いてみました^^
>♪ちっサテンのみんな
「ちっちゃテンのみんな」と聞こえました^^
>シャックリ唱法全開
あっはっは~、なるほど唱法なんですね^^
ミルクティーン
今回のレスは速攻でしたね。
世界最年少のジャズ歌手ってしてますか?
それが日本にいたんです。ジャズ歌手といってもそれは今だと笑い話ですみますが、
この当時は結構真面目に?紹介されていました。
恐らく笑いさんも知っていると思いますが。
まだ6~7歳の女の子で「可愛いべいびー」をうたっていましたが。
何を根拠にジャズ歌手として紹介したのでしょうね。

もう一人ミルクティーンって知ってますか?
まだ、お乳の匂いがするような歌手を指しますが。
その歌手は「五匹の子豚のチャールストン」を歌った安村昌子という少女です。
歌手活動は短かったです。

その頃は結構それなりに楽しめた時代でもありました。

このことを書くときりがなくなります。

後藤久美子?なんと同姓同名だった!
>世界最年少のジャズ歌手ってしてますか?
検索して見つけましたよ……試聴してみたら、「知っているかも知れない」と思った~^^
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005EPJO/qid%3D1047461927/br%3D1-9/ref%3Dbr%5Flf%5Fm%5F8/t/249-5200445-7228329
↑ここの8曲目ね^^

>ミルクティーン
「五匹の子豚のチャールストン」という曲は知っているけれど、さすが安村昌子は知らないと思う!
しかし、5才のジャズ歌手・後藤久美子も知らないと思っていたからなぁ~^^
URLは透明表示になるんだね^^
>↑ここの8曲目ね^^
この上の空白行をクリックすると、リンク先に飛べるようです。
違反投稿、失礼しました!^^
へえ~
笑いさん・・URLが透明になるなんて知らなかったですよ。
どうやったら透明になるんですか^^

後藤久美子・・聴きました。いや~なんて言っていいか分かりませんが、こんな時代もあったんですね。
初めまして。
お邪魔します。
少しお話させて頂きます。
梅木マリさんの『可愛グッド・ラック・チャーム』ですが、この曲はELVISのカバーではなくてオリジナルがあります。
20年程前ですが私がアメリカのバイヤーからのリストでタイトル買いをして偶然手に入れたシングルで意外と知られてないマイナーTEEN POPです。出来も良くて、なんと言っても声が梅木マリさんとソックリで、まるで梅木マリさんが英語で歌っている見たいに聴こえます。
当時、日本盤が出ていたかは不明ですが、聞けば分かると思いますが明らかに梅木マリさんは、このバージョンでカバーしたと思われます。
きっと『GOOD LUCK CHARM』のアンサー・ソングとしてリリースした曲だったのですね。

タイトル

DON'T WANNA BE ANOTHER GOOD LUCK CHARM

アーティスト

JO(of Judy&Jo ) 

レーベル

CAPITOL 4745

機会がありましたら是非聞いてみて下さい。

失礼致します。
No title
BIG BOSS MANさん、初めましてよろしくね^^
梅木マリさんの「可愛いグッド・ラック・チャーム」が「Good Luck Charm」のカバーだと思っていましたが、アンサーソングだったのですね。
you tubeで音源を探しましたが見当たりませんでした。

Joのオリジナル盤のクレジットを見ましたら、<アーロン・シュローダー>と<ウォーリ・ゴールド>となっています。これはエルヴィス盤と同じ作者チームでした。

一発屋もこれこそ仰山います。
今回は1950年代半ばから59年までしたが、いずれ1960年代をアップしようと思っています。

ジャニス・ジョップリンも一発屋なんですね。
信じがたいですが?

このジャンルを知ったのは「Pop-sicle」というオールディーズ雑誌で、木崎義二さんが編集長のマニア好みの専門雑誌でした。

このコメントに投稿してくれてとっても嬉しいです。
また遊びに来て下さい。待ってます。

ところで、HNはエルヴィスの曲からとったものですか?気になります。
こんにちは
HNは大正解、エルヴィスの曲からです。
私は50'S~60'Sのアメリカの音楽、文化、ファッション等が好きで特にDOO-WOP(White Doo-wop)、TEENPOPが好きで、その中でエルヴィスは別格な存在で大好きです。
昨日、偶然こちらのブログを発見しました。過去の記事から新しい記事を拝見させて頂ましたが私と同じ趣味でとても共感が持てました。
特にマイナーTEEN POPの記事やELVISの記事等々、楽しく読ませて頂ました。
オールディーズが好きな方は沢山いますが、マイナーな曲を聞く方は一部しかいなくて話が合う人は少ないのが現状です。
過去の記事でコメントをしたい記事が数々あったので、コメントに気が付いたら読んで下さい。

この手の音楽は不明な事が一杯あり私はまだまだ勉強不足なので解らない事があったら是非、教えて下さい。

宜しくお願いします。

追伸
UKのTEEN POPも大好きです。
White Doo Wop
猫もホワイト・ドゥ・ワップは大好きで、ジ・エコーズの<Baby Blue>とかルゥ・ジョーダンの<Close Your Eyes>はお気に入りです。

teen popもいっぱいあって好きな曲を選ぶのに苦労しますが、初期のウェイン・ニュートンもいいですね。
お気に入りはウェイン・ルークスの<Wiil You Stay In Love>が好きですね。

もうエルヴィスは15の時からのファンで今年で47年目になります。エルヴィスなくして全世界のポップス界は存在しません。なんと言おうともこればかりは譲れません。

エルヴィスがあって今の私がいると思っています。

やっと、待望のお話し相手が出来たウキウキしています。こちらこそよろしくお願いします。

いや~参りました!猫さんがELVISのファンに、なられたのが1963年とはビックリです。
63年といえば「ヤング・ヤング・パレード」や「アカプルコの海」が公開された年ですね。
私の大好きな『ONE BROKEN HEART FOR SALE』を新譜として買っていたのですね。想像しただけで涙が出てきます。本当にうらやましい限りです。私がELVISのファンになったのは、ELVISが他界してからですからリヤル・タイムには体験していませんので、まだまだ猫さんから見たらヒヨコですよね。因みに私は1968年2月生まれなのでリサ・マリーと同じ年です。そして68年といえば7年振りに生のELVISがファンの前に戻ってきた記念すべき「NBCテレビ・スペシャル・エルヴィス」が放映された年でもあります。これだけが私の誇りです。(ちょっとこじ付けの自己満足ですが…)
そして、猫さんWAYNE ROOKS『WILL YOU STAY IN LOVE』私も大好きな曲ですよ。確かJamieからのリリースでしたよね。
そして次にLOU JORDANの『CLOSE YOUR EYES』と来ましたね!猫さんはやはり普通のオールディーズ好きではありませんね!裏面の『PARADISE FOR TWO』共々、大大大好きな曲です。
御存知かとは思いますが、この曲のバック・コーラスを担当しているのが、名曲『SHINING STAR』を歌っているTHE CHAPERONESなのです。『SHINING STAR』の作者がLOU JORDANでレーベルもjosieなので、その関係でTHE CHAPERONESがバッキングを担当したみたいですね。
多分、このまま行くと朝まで書き込みをし兼ねないので今日はこの辺で止めておきます。
最後に猫さんは、VINNIE MONTEは好きですか?
Vinnie Monte
まずお断りをします。
BIG BOSS MANさんの事ビッグさんと呼んでいいでしょうか・・・ハイ了解を得ましたので、これから<ビッグ>さんとよばさせてもらいます。

そうですか?ビッグさんは68年生まれですか。
猫より20年も若いのですね。
68年といえば東京で生活していました。
このころはお金がなく好きなエルヴィスのレコードも
買えませんでした。食べることに事欠いていましたから。

猫が高一の時初めてエルヴィスのシングル盤を買ったのが、<悲しき悪魔>です。惜しくも全米3位でしたが。
日本では内田裕也さんがカバーしていました。
エルヴィスを心からファンになったのは、カール・パーキンズの<Blue Suede Shoes>のカバーを聴いてからです。もうなんてかっこいいロックン・ロールだと思ったからです。聴いた音源は今では珍しい10インチ盤でした。この話をするときりがないのでここでチョン^^

Vinnie Monte・・・彼の曲はiPodで聴いてます。
特に<One Of The Guy><Hey,Look At The Winter Show>がお気に入りです。独断と偏見ですが、この2曲が、彼の曲の中では断トツにいかしていますね。
Trail Of Teardropsも捨てがたい曲であります。
彼はJosie,Fargo,Decanter,Jubilee,Harmon,TCF,RCAと渡り歩いた歌手ですね。

一番長く在籍していたのが<Jubilee>時代で、ここで7枚のシングル盤をリリースしています。
でも彼の写真は見たことないな~
VINNIE MONTE
こんにちは、『悲しき悪魔』いい曲ですよね。私が初めて買ったエルヴィスのレコードは小学校5年生の時に、お年玉で買った『冷たくしないで』のシングルでした。もちろん再発盤ですが、その時に一緒に買ったのがEDDIE HODGESの『恋の売り込み』と猫さんの記事にもありました。ジョニー・ディアフィールドの『悲しき少年兵』でした。
今、でも大切に持っています。

話はVINNIE MONTEに戻りますが、彼の曲は5枚シングルて持っていますが殆どがB.MANNやC.KING等ALDON系の作者が曲を書いていています。私はALDON系関連の曲が凄く好きで集めているのですがVINNIE MONTEは、その中でもお気に入りのアーティストです。ヒット曲が無いのが不思議ですね。彼の顔ですが凄くイケメンですよ。
イタリア系の黒い髪のリーゼントがとても格好いいですよ。
こんにちは
ビッグさんはUSAオリジナル盤を集めているのですか?Vinnie Monteの名前を知ったのは24~5の時でした。この時は余りティーン・ポップには興味がありませんでしたので、彼の名前を忘れていましたが、興味を持ったのが、20年前あたりからです。

Aサイドレコードからティーン・ポップのCDが2枚でました。この時は嬉しかったですね。もう手に入らない貴重な曲ばかり集めたCDだったので。

ティーン・ポップを聴くなら当然、ガール・ポップも聴くようになっていきます。メジャーな歌手には目もくれずただしたすらマイナーな女の子の歌手、グループを聴いていました。

このブログを見ているなら、お気づきだと思いますが、日本盤のジャケットをアップしています。
少しですけどUSAオリジナル盤もありますので、興味があったら見て下さい。
http://pics.livedoor.com/u/elviscat/?updated=5013561

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。