1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

シングルジャケット
プロフィール

エルヴィス猫

Author:エルヴィス猫
FC2ブログへようこそ!
還暦を過ぎた親父が作ったブログです。10代の頃から、
自称エルヴィス「命」の大ファンで、その熱い想いはいまだ冷めておりません。このブログで通じて皆さんと楽しく交流が出来ればいいな~と思っています。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。ポチしてくれたらとっても嬉しいです
1800カウンター
アクセスカウンター
Today:

Yesterday:


出会いデリヘル出会い系出会いクレジット 現金化
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
足利市
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16

Category: ロックン・ロール

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

ザ・ガンツ・・・・・ロード・ランナー
この曲をはじめて知ったのは、猫が30代の頃で行きつけのサテンのマスターが、このレコードを持っていたのがキッカケで聴いた感じは「ミ・ミ・ミ」がやけに耳についた。ガレージ・ロックに相応しいロックン・ロールだ。彼らはビートルズや、ストーンズに影響を受けたバンドで、特にビートルズの影響は強く「I Wonder」を聴く限りビートルズ風のサウンドだ。
gants6.jpg

「ロード・ランナー」のオリジナルはボー・ディドリーの作品で、1965年グループはメンフィスのローカル・レーベルでリリースし、これがローカル・ヒットし、これに目をつけた大手メジャー・レコード会社リバティに買い取られ、発売したところ全米46位のヒットになった。

下記のアルバムではビートルズのヒット曲の「Twist And Shout」「Eight Days A week」「Taxman」「Things We Said Today」や、ストーンズの「It’s All Over Now」のタイトルが表記されている。
img_1709551_55869475_0.gif

彼らはゼムの「グロリア」をレコーディングしたかったそうで、これをリバティーが反対した。
ところが、同じガレージ・ロック・グループの帝王“ザ・シャドウズ・オブ・ザ・ナイト”がカバーして大ヒットした。
なんかついてないねと言うか、レコード会社の動向ひとつで歌手でもグループでも運命を左右されるよね。

結局彼らはロード・ランナーの一曲しかヒットしなかった。所謂一発屋で終わってしまった。

エピソードとして、グループはアニマルズの前座として参加した。でもガンツはアニマルズから全然相手にされなかったそうだ。この悔しさが「ロード・ランナー」のヒットにつながったそうだ・・らしい?

リード・ボーカルのシド・ハーリングの声がもちっと声が良ければいいな~と思う次第です。

スポンサーサイト

Comments

ミ!ミ!
そういえば「ガレージ・ロック」というジャンル、ありましたね^^
そのほとんどが、一発屋じゃなかったかなぁ~。
このグループ、曲は知らなかったけれど、やっぱり一発屋なんですね。
演奏はビートルズで、歌い方はストーンズ風かな!^^

ところで、この「ミ!ミ!」って何よ!クラクション?^^

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。