1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

シングルジャケット
プロフィール

エルヴィス猫

Author:エルヴィス猫
FC2ブログへようこそ!
還暦を過ぎた親父が作ったブログです。10代の頃から、
自称エルヴィス「命」の大ファンで、その熱い想いはいまだ冷めておりません。このブログで通じて皆さんと楽しく交流が出来ればいいな~と思っています。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。ポチしてくれたらとっても嬉しいです
1800カウンター
アクセスカウンター
Today:

Yesterday:


出会いデリヘル出会い系出会いクレジット 現金化
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
足利市
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08

Category: pops

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

クライ クライ クライ・・・ジャック・スコット
ジャック・スコットはABCパラマウント・レコードで「Baby’ She’s Gone/You Can Bet Your Bottom Dollar」でデビューした。「 Baby She’s Gone」はエルヴィスを意識した歌い方であるし、重量感あるロカビリーは実に聞きごたえがある。
間もなく「Two Timin’ Woman」を発売したが、2枚ともヒットはしなかった。でもこの2枚は古典的な素晴らしいロックン・ロールである。
jack scoot


ジャックは実にジャンルが幅広い歌手でもある。カントリーソングは十八番だし、ストーレートなロックン・ロール「Leroy US # 25」、メチャメチャワイルドでカッコいい「Go Wild Little Sadie」、グッと女性の心を虜にする「My True Love US # 3」「Burning Bridges・・燃ゆる橋  US # 3」それに、「What In The World’s Come Over You  US # 5 夜ごとの願い」等の素敵なバラッドも歌いこなせる歌手だ。

その反面彼の凄みのある歌唱力から似合わないようなティーン・ポップスも歌っているのである。
マニアの間で人気の高い「Now That I」、それにとってもかわいらしい「Window Shopping」も歌っているので、びっくりもした。

そして、日本人で彼の歌で最も人気があるのはアメリカではヒットはしなかったが、ティーン・ポップスの名曲「Cry Cry Cry」で、日本では1962年倉光薫がカバーしヒットした。恐らくこのレコードでジャック・スコットの名前が紹介されたと思うが、それもほんの僅かで彼の名前を知っている人は少ないと思う。日本ではマイナーな歌手の一人である事には変わらない。国内で彼のカバーレコードはこの一曲だけかもしれない
余談になるが猫はB面の「Grizzly Bear」がお気に入りだ。重重しい感じのロカビリーだ。
018-cry_cry_cry.jpgcry cry cryq


因みにネオ・ロカビリーの帝王と言われたロバート・ゴードンは「The Way I Walk  US # 35」をカバーした。

彼のヒット曲は1961年迄で、それ以後はヒット・チャートにランクされなくなった。彼の最後のヒット曲は1961年にリリースした「Steps One And Two US # 86」である。

でも、彼の人気はいまでも高い。エルヴィスを模倣した歌手と言われながらも(これは彼の音楽的魅力には当てはまらない)、自分のスタイルを保ちながら、20曲近いヒット曲を生産した、ジャック・スコットは偉大で素晴らしい歌手の一人だと思う。

あまり知られていないが、「星にかたれば」「イエスサリー」などのヒットを放ったリンダ・スコットは彼の妹である。
jack and linda

珍しいステレオ盤で聴いてください

スポンサーサイト

Comments

これ、最高!^^
これいいね。
エルヴィスとは違った魅力がありますね。
これも「ティーン・ポップス」に含まれるんですか?
何度も聞きたくなるような軽快なテンポ!
ロカビリーの傑作だよ!
はい、そうです
ティーン・ポップの歌う条件みたいなものがありまして、まず、歌手が若いことでそれも中学生辺りの年齢から20歳前後で歌はうまへたで清清しいことです。いくらティーン・ポップの歌でも、声がおっさん風はぺけです←ここはロカビリーでも言えますが。

ティーン・ポップは日本で言うとGSみたいで有名無名をあわせると数え切れないほどいますが、なんせ、アメリカは広い国なのでレコード会社もゴマンとありますのでGSとは比較ならないと思いますが。

ティーン・ポップは男性が多いですが、そこはちゃんと「ガールズ・ポップ」というジャンルがあります。これも嫌になるほどゴマンとあります。
日本ではせいぜい、ピーナッツかベニー・シスターズくらいなもんですから^^
日本では何故か駄目でしたね。

猫はどちらかと言うとティーン・ポップが好きです。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。