1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

シングルジャケット
プロフィール

エルヴィス猫

Author:エルヴィス猫
FC2ブログへようこそ!
還暦を過ぎた親父が作ったブログです。10代の頃から、
自称エルヴィス「命」の大ファンで、その熱い想いはいまだ冷めておりません。このブログで通じて皆さんと楽しく交流が出来ればいいな~と思っています。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。ポチしてくれたらとっても嬉しいです
1800カウンター
アクセスカウンター
Today:

Yesterday:


出会いデリヘル出会い系出会いクレジット 現金化
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
足利市
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02

Category: 記事

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

演奏曲に歌詞を被せる
インストメンタル曲に歌詞を乗せるのが流行したきっかけが、ビッレッジ・ストンパーズの「ワシントン広場の夜はふけて」からかな?ディキシーランド・ジャズ風のリズムにバンジョーのつま弾きが心地よい曲に、日本語歌詞を乗せるのはどうかな~と思うが、それはそれでいいんだともうしかない。
ワシントン広場に夜は更けて


日本盤がyou tubeで見つからなかったので、オリジナルを聴いてください。
やっぱシンプルでディキシー風でいいですね。

あと、ザ・サウンズの名曲「さすらいのギター」に、小山ルミが果敢に挑戦したね。これは素晴らしいと思う。詩と曲がうまく合体した作品だと思う。もう一曲「二つのギター」をカバーしている。この曲はザ・ジョーカーズとかザ・ムスタングスが演奏している。もともとはロシア民謡でロックのアレンジをして軽快な曲になっています。
ルミちゃん盤は聞いた限り無理があって「さすらいのギター」の方が断然いい。
さすらいのギター



でも何と言っても最高傑作は田川譲二の「太陽の彼方へ」で、アストロノウツの曲にそのまんま詩を乗っけて歌ったのを聴いた時には、ビックリして驚いた。でも、その当時はこれが普通だったんだと思う。
太陽の彼方に


アストロノウツ盤はレコード界会社がアット驚くほど大ヒットしたが、田川盤は?でしたね。因みに猫も買いましたが、なんじゃこれは・・って感じでした。思わず笑ってしまったよ。いまでは珍盤扱いでなかなかお目にかかれません。
どこにいってしまったのか、レコードはあるんだけどジャケットがない。
でも悲しいかな彼はレコード化されたのはこの一枚だけです。
が・・GS時代に彼がリーダーとなって「田川譲二とブルージーンズ」なるもの結成したが、彼だけが浮いていたような気がする{年齢で)

もう一枚カバー・レコードがあります。それは、藤本好一盤で、バックは寺内タケシとブルージンズが演奏していますが、なんか力が入っていて、波に乗り切れない歌い方をしているのに笑ってしまいます。

ここで訂正することがあります、以前に書いた「太陽の彼方へ」のとこで、藤本好一さんがアストロノウツの演奏で歌っていると説明しましたが、これは間違いで田川譲二さんが歌っています。お詫びします。

スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。