1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2011

シングルジャケット
プロフィール

エルヴィス猫

Author:エルヴィス猫
FC2ブログへようこそ!
還暦を過ぎた親父が作ったブログです。10代の頃から、
自称エルヴィス「命」の大ファンで、その熱い想いはいまだ冷めておりません。このブログで通じて皆さんと楽しく交流が出来ればいいな~と思っています。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。ポチしてくれたらとっても嬉しいです
1800カウンター
アクセスカウンター
Today:

Yesterday:


出会いデリヘル出会い系出会いクレジット 現金化
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
足利市
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

エルヴィス・アルバム・ベスト5
 エルヴィスのアルバムは生涯約150枚、シングル盤133枚(1997年7月現在)発売している。
これだけでも恐れ入ったという感じだが、レコード総売り上げ枚数は30億枚ともいわれている。そして、アナログのほかにCDの売り上げもあるから、想像を絶する売り上げ枚数になる。
これらの売り上げを死亡時までの総収入は43億ドルという。
日本円で換算すると・・・やめましょうね^^天文学的な数字になるから。

41+oFLWLzzL__SL500_AA300_.jpg 51oMUcIL1gL__SL500_AA300_.jpg

51Wvzguf8dL__SL500_AA300_.jpg BVCM-37187.jpg

elvis-is-back_0124.jpg ss1774.jpg

ではベスト5は・・・

第1位 エルヴィス・ゴールデン・レコード、第2集
なんてたって、50年代ロックン・ロール・エッセンスが全て凝縮している。
エルヴィスのワイルドなロックン・ロールを聴きたいなら是非このアルバムを推薦します。
もう、ロックン・ロールの名曲が宝石のように燦然と輝いています。
この中で、このアルバムのハイライトはなんてたって<恋の大穴>にとどめを刺すでしょう。
恋の大穴
曲目は僅か10曲ですが、A面の1曲目から8ビートの躍動感あふれる<アイ・ニード・ユア・ラブ・トゥナイト>。この曲はもうエルヴィスらしさのロックン・ロールというかポップン・ロールの名曲です。次から次へとファンを飽きさせない構成は目を見張るものがあります。
<思い出の指輪><ワン・ナイト><アイ・ガット・スタング>等のワイルドなロックン・ロールのオンパレードそして、カントリーの名曲をロックン・ロールのエッセンスを加えた<ア・フール・サッチ・アズ・アイ>は高校生のころはこの曲が好きでした。
アイ・ガット・スタング
レイバー・アンド・ストラー作の<ドントまずいぜ>の邦題のタイトルには笑っちゃうが、素敵なラブ・ソングで当然1位になりました。このアルバムには1位2曲、トップ・テン6曲も入っています。
大変お得感が高いアルバムと言えるでしょう。

第2位 エルヴィス・イズ・バック
アルバム・チャートは残念ながら2位でしたが、このアルバムは完成度が高いと評判で復帰後最初のアルバムです。邦題は<サッチ・ア・ナイト>。

 この中の最大の目玉は<考えなおして>でしょう。出だしの♪Well so long・・
もうこれでノック・ダウン!鳥肌もんですね^^彼のブルーズ・ナンバーの中でもピカイチの傑作でしょう。ブーツ・ランドルフのテナー・サックスがこの曲なお一層を引き立ててくれます。


またアルバムの中でヒットはしていませんが、<アイ・ニード・ユア・ラブ・トゥナイト>と並ぶ躍動感あふれる曲があります。それは<君の気持ちを教えてね>ですがこの曲はいい。もうエルヴィスのポップ・センスがこの一曲に凝縮しているといっても過言ではない曲だ。
除隊後最初に吹き込んだ曲でもあります。
君の気持ちを教えて
もうみんないい曲ばかりなので、猫困っちゃう・・バカ!
トーマス・ウェイン作の軽快でテンポがいい<隣のあの娘>も好きだ。
渋いR&B<ソルジャー・ボーイ>これも捨てがたい。
隣のあの娘

第3位 エルヴィス・プレスリー登場
ご存じエルヴィスの記念すべきデビュー・アルバムです。サン時代には5枚のシングル盤を出しましたが、アルバムは発表していません。なぜでしょうか?
そうか、ジェリー・リーもカール・パーキンスも全国的なヒットを放ちました。
エルヴィスにはない。そうかこれでアルバム制作はなかったのかと思う。
ロックン・ロールの幕開けに重要な役割を果たしたのにね。
ワン・サイデッド・ラヴ・アフェア
アルバム一曲目はカール・パーキンスの<ブルー・スゥエード・シューズ>
カッコいいね^^カールとまた一味違う香辛料が加わっている。
それは、カールにはなかったスピード感と野性的な歌い方。
猫はこの曲を聴いて一発で彼の虜になりました。
マニー・ハニー

そして、この曲で黒人と白人の垣根を取り去ったと言われる<Twtti Frutti>
胸を震わせて歌うエルヴィスはセクシーで最高だ。でも、歌っている最中で舌を出している。あれはなんだろうか?とっても気になります。

第4位 キング・クレオール(闇に響く声)
エルヴィス主演映画4作目のアルバムです。
タイトル曲<キング・クレオール>は凄味のある曲です。この曲はエルヴィス・ファンの同級生から聞かせてもらったレコードです。出だしのスリリングな歌い方は今でも忘れていません。
ディキシーランド・ロック
 <トラブル>はザ・コースターズの<第9監房の叛乱>がベースになっている作品だ。
生前の九ちゃんがこの曲を歌っている映像を観たがすごいよ・・なにを歌っているかわからないほど凄かった(笑)
<冷たい女>この曲はとてもじゃないが日本人には歌えない曲だ。
日本では清野太郎さんがカバーしているが・・・
でも今までTVでこの曲を歌った歌手を見たことない。
スコッティのギター演奏も注目に値する。
冷たい女

第5位 歌の贈り物
日本盤ではA面は<ロックン・ロール・サイド>、B面は<バラッド・サイド>と特色ある構成となっている。猫はもちろんA面も好きだ・・が、B面のバラッド・サイドがお気に入りだ。
もうどれ一つとってもシングル盤として発売してもおかしくない曲だ。
1960年代のエルヴィスは映画出演に忙しかったので、つなぎとして旧作の曲を発売するようになった。このアルバムからも1967年に<There’s Always Me / Judy>のカップリングでスマッシュ・ヒットしている。できたら当時に発売していればチャートだってもっと上に入っていたと思うが。
この愛をいつまでも
猫は<Give Me The Right><I Want You With Me>がお気に入り。
もう一曲サントラから盤から車中で歌っている<I Slipped I Stumbled I Fell>もリズム感溢れるロックン・ロールだ。
アイ・スリップド、アイ・スタンブルド、アイ・フェル
全体的にこのアルバムは素晴らしい一言。エルヴィスの数あるアルバムの中でも。大傑作のアルバムに属すると思う。

スポンサーサイト

11

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

最近集めたレコード
皆さんご無沙汰しました。申し訳ございません。
それは個人的なことですが、先月の3日に、親父が救急車に運ばれる入院騒ぎがありました。
原因は急性腸炎でしたが、86歳と高齢なので大事をとって一ヵ月入院しました。
以後、経過は順調で先週の9日退院しました。
なんだか、入院する前よりも元気な様子なので、ほっと安心しています。

 さて、例年よりも早くあけた梅雨です。これから本格的な暑い夏がきます。
皆さん暑さ対策は万全ですか?
暑い日中はなるべく外出を避けましょう。
と言っても、家の中にいても油断はできません。
室内にいても熱中症で亡くなる人が絶えません。

 のどが渇く前に水分補給を心がけましょう。
ペットの散歩も暑いときは控えるようにしましょう。
猫もそのようにして散歩しています。
髪の毛がある人もそうでもない人も、帽子をかぶって外出したほうがいいです。

 最近集めたレコードを紹介します。
ジャック・スコット<夜ごとの願い><クライ・クライ・クライ>、
エディとショーメン、<走れパトカー>
そして今月のオークションでチャック・ベリー<プロミス・ランド>とモーリン・グレイ<ダンスにおいで>の2枚ゲットできました。

<ダンスにおいで>は中尾ミエさんのカバー・バージョンを聴いて好きになった曲です。
<プロミス・ランド>はエルヴィスがカバーしているので。
<走れパトカー>は再購入です。パトカーの音が?印象的なインスト・ナンバーです。
クライ・クラ・クライ ダンスおいで

プロミス・ランド 走れパトカー

夜ごとの願い img_1561666_32370368_0.jpg 
アン・マーグレットの写真は目の保養ってことでご勘弁を^^ 

 今月のオークションは珍しいレコードがたくさん出ました。
それよりも、最低値が高いので参りました。
リタイアした人間にはきついMBです。

リストにはグリームズ<ミスター・マジック・ムーン>、ボビー・ダーリン<スプリッシュ・スプラッシュ>、クリス・ジェンセン<スクール・バス>、レイ・スミス<ロッキン・リトル・エンジェル>、
マーメイズ<恋のドライブイン>、ザ・シークレッツ<ザ・ボーイ・ネクスト・ドアー>
などなど、よだれが出そうなおいしいレコードの目白押しでした。
<恋のマジック・ムーン>の落札値は何と5万円と言っておりました。ピョ~頭から湯気が出るよ~^^。猫はザ・シークレッツのレコードが欲しかったのですが、あまりにも高価でしたので諦めました。

ここのオークションは珍しい激レア盤が出てきます。
もし興味を持ったあなた、あなたに猫が参加しているレコード店を紹介します。
http://www.vintagerecord.com/
ここの店長さんとは30年来の友人であります。
欲しいレコードを頼んでおくと、もしかすると見つかるかも知れません。
オークション・リストは毎月出ますので、お金を貯めてオークションに参加しましょうね^^












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。