1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
22
23
24
25
27
28
29
30
  11 ,2010

シングルジャケット
プロフィール

エルヴィス猫

Author:エルヴィス猫
FC2ブログへようこそ!
還暦を過ぎた親父が作ったブログです。10代の頃から、
自称エルヴィス「命」の大ファンで、その熱い想いはいまだ冷めておりません。このブログで通じて皆さんと楽しく交流が出来ればいいな~と思っています。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。ポチしてくれたらとっても嬉しいです
1800カウンター
アクセスカウンター
Today:

Yesterday:


出会いデリヘル出会い系出会いクレジット 現金化
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
足利市
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 3  Trackback: 0

ジャック・スコット ベスト5
やっと冬の到来です。今年の異常までの暑さもやっと去って、夏からいきなり冬という感じですが。
来年はスギ花粉が例年の10倍以上の量と言っています。
かくいう猫も花粉アレルギーなのです。ねこは眼に来ます。 
もう、この時期はアレルギー用の目薬は手放せません。
突然ですが、うちで飼っているモカちゃんを紹介します。犬種は<ビーグル犬>です。
moka.jpg


 さて、本題のジャック・スコットですが。彼の妹がリンダ・スコットだと知った時は、正直びっくりした。全然似ていないんだよね~
jack and linda jack.jpg

 ジャック・スコットの日本盤は全部で5枚発売している。
内訳はトップ・ランク2枚、キャピトル3枚。
国内で彼の曲で一番有名なのは倉光薫のカバーレコードの<クライ・クライ・クライ>でしょう。
と言ってもその当時オリジナルを歌っているジャック・スコットの名前は知らなかったと思う。
事実、猫も知らなかったのです。知ったのは40年以上前のことですが。
jack scott

 彼の最大ヒット曲は、My True Love(US #3 )Burning Bridges(US #3 )ですが、What In The World’s Come Over You(US # 5 )もグレイトな曲です。
もう彼の魅力はロカビリーでは野性味あふれた歌い方、バラッドでは心も身もトロケルような甘い歌い方をします。一時、エルヴィスのイミテーション・シンガーとも言われましたが、トンデモハップンでエルヴィスの真似をしたくらいでは、すぐに消えてしまいます。アメリカの音楽界はそんなに甘くはありません。

 では彼のベスト5の紹介を
1位 Baby She’s Gone
この歌い方はエルヴィスを意識したような歌い方ですが、もうそんなことどうでもいいような、ごっついロカビリーです。出だしがいいんですよ・・baby baby baby she’s gone to me・・もうこれ最高!!


2位 What In the World’s Come Over You
もう数あるバラッドの中でも名曲中の名曲でしょう。当然ミリオン・セラー記録しました。


3位 Go Wild Little Sadie
これはめちゃめちゃ大好きな曲です。メチャメチャワイルドなロックン・ロールです。
テナーサックスのしびれるような演奏で、ジャックも「Go Jerry Go」と叫んでいます。


4位 The Way I Walk
この曲はネオ・ロカビリーの雄ロバート・ゴードンがカバーしています。なんか声質がジャックと似ているかもね
^^

5位 Grizzily Bear
この歌は渋くって野性味溢れたロカビリーです。重々しくってズシンとくる歌い方はジャックの右に出る者はいません・・と思っています。このB面が<Cry Cry Cry>です。
尚、この映像の2曲目はジャックとは関係ありませんので無視してください。


Now That I, Leroy, One Of These Daysもいいね~
ところで、Geraldineの曲はジャラリンジャラリンと聞こえる。なんかパチンコ・ソングみたい(笑)

スポンサーサイト

21

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ファビアン・ベスト5
fabian10501.jpg

吼えろタイガー1

ファビアンは美男子だと思う。
エルヴィスとリッキー・ネルソンを足して2で割ったようなイケメンです。
家族を養うため芸能界に飛び込んですぐさま凄まじい人気を得ました。
ちなみに彼は長男です。と・ヴィデオの中で証言していました。
長男は大変だ、家族を養うことも義務づけられている。
 あの~猫も長男なので高齢の両親を面倒見ています。

 さて、彼は決して歌は上手な方ではありません。
いまいちリズムに乗り切れないというかなんというか・・・・
口の中にじゃがいもを加えて歌っているような歌い方だと思う。
ラル・ドナーと同じだ(笑)
彼の歌の多くは典型的なロックン・ロール・ナンバーが多いです。
バラッド・ソングはちょっとね、向いていないかも。そりゃそうだジャガイモではね。
また、数多くの映画にも出演しました。男から見てもいい男だからね。悔しいけど・・
猫もイケメンだった・・昔はね・・60過ぎたら顔に皺とタルミが・・クゥ~
 
初めて買ったレコードは高1の時で<タイガー・ロック>でした。この歌を聴いてファビアンに興味を持ちました。ソノシートではタイトルが<吼えろタイガー>となっています。
こちらのタイトルがぴったりときますが、いかがなもんでしょうか?

彼の代表作の一つ<Turn Me Loose>はミディアム・テンポの作品で、この歌を作ったのは、エルヴィスに多くのヒット曲を提供しているドグ・ポーマスとモート・シューマンの作品です。

ではファビアン・ベスト5
1位 Tiger
高1の時買ったレコードでエルヴィスに似ていると思った。


2位 Turn Me Loose
ミュージックライフで<ML5行博士応接室>というコーナーがあって、ファビアンの質問があって、この曲がミリオン・セラーになったとか、本名はFabian Forteとか、あとレコードを紹介していました。


3位 Tomorrow
この曲は好きな曲です。ベース音がやけに響いて聴こえます。


4位 King Of Love
Tomorrowの片面の曲です。このレコードはお買得の一枚です。


5位 Mighty Cold
TigerのB面です。これもイカシたストレートなロックン・ロール・ナンバー。
     エルヴィスを意識した歌い方をしている。

16

Category: 記事

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

エルヴィス・ベスト5
 最近、料理に凝ってます。もともと料理は好きでしたが、ママ猫が指の手術をしてから、自分で食事の用意をする羽目に?なりました。料理本のレシピやネットのレシピを参考にしていろいろな料理を作りました。

一番好評だったのは、エビチリ、大根ステーキ、大根サラダそして、茶わん蒸しです。
とりわけ大根サラダのリクエストが多かったです。
大根を千切りにして特製ドレッシングをかけるだけの一品ですが、ママ猫には好評でした。
得意料理は炒飯です。これは自信がある料理です。次にスープ料理。
搾菜スープはお勧めの一品です。天津丼も自慢の料理です。
料理の話をするときりがないので、また次回に・・・

 投稿数が減っているにも拘らず、ブログでもいまだに50位以内に留まっています。
本当にありがたいことだと感謝しています。
こんな猫でもあと2か月で63歳になります。
この手のブログ(ポップス部門)では年配のほうだと思いますが、どうなんでしょうか?
 もしこの方法でよかったらいつまでも猫は書き続けます。

 それと<今日の一曲>はどこかへぶっ飛んでしまいました。
しかし「継続は力なり」と言います。どんな方法でも形だけは残したいと思っています。
みなさまの応援よろしくお願いします。

では猫のエルヴィス・ベスト5を紹介します。
 1位「Baby Let’s Play House 」・・・ロカビリーの完成形の曲です。この曲をお手本に
たくさんのロカビリーが生まれました。この曲は説明不要ですよね。


 2位 Reconsider Baby・・・白人最高のブルーズ・ナンバーです。オリジナルはロウエル・フルソン。アルバム<Elvis Is Back >の一曲。


 3位 A Big Hunk O’Love ・・・50年代最後の全米No1ヒット曲。
歌と演奏が素晴らしいロックン・ロール・ナンバー。デビュー当時のエルヴィスを彷彿させる。


4位 Fountain Of Love・・アルバム<ポット・ラック>中の一曲。生ギターのサウンドがとても素敵です。エルヴィスの温かみある声とサウンドとの相乗効果が素晴らしい仕上がりの作品です。


5位 Witchcraft・・・ノリのノリのR&B。オリジナルはザ・スパイダーズ。
日本のグループではありませんよ。ファン「そんなこと知っているぜ、馬鹿にしているのか」
・・猫「いえ、滅相もございません。」(笑)
ボサノバ・ベイビーのB面として紹介されダブルジャケットが評判になりました。


このベスト5の曲は以前紹介したものですが、年寄りに免じてご勘弁を。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。