1
2
3
5
6
7
8
9
11
12
13
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
27
28
29
30
  06 ,2010

シングルジャケット
プロフィール

エルヴィス猫

Author:エルヴィス猫
FC2ブログへようこそ!
還暦を過ぎた親父が作ったブログです。10代の頃から、
自称エルヴィス「命」の大ファンで、その熱い想いはいまだ冷めておりません。このブログで通じて皆さんと楽しく交流が出来ればいいな~と思っています。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。ポチしてくれたらとっても嬉しいです
1800カウンター
アクセスカウンター
Today:

Yesterday:


出会いデリヘル出会い系出会いクレジット 現金化
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
足利市
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26

Category: ロックン・ロール

Tags: ---

Comment: 3  Trackback: 0

思い出の指輪・・・エルヴィス・プレスリー
思い出の指輪 エルヴィス


エルヴィス・プレスリーを発掘したのは、世間ではサン・レコードの社主サム・フィリップスと言われているが、それは正確ではない。

 真にエルヴィスを発掘し才能を見抜いたのは、サムの秘書<マリオン・カイスカー女史>である。
エルヴィスが大枚4ドルを握りしめ1953年7月18日(土)に、サム・フィリップスの経営する<メンフィス・レコーディング・サービス>に、レコードを吹き込むために訪れ、そこで一人留守番をしていたマリオンと会った。
  
 エルヴィスはそこで<マイ・ハピネス>と<心のうずく時>の2曲アセテート盤に録音した。
この時、マリオンはエルヴィスの非凡な才能に気付き、サム・フィリップスに是非会うことを執拗に進言した。
 正にダイアモンドの原石を発見した瞬間であった。
マリオンの進言でサム・フィリップスはエルヴィスと会うことになるのだが・・
あとはご存じ<黒人のように歌える白人>エルヴィスと歴史的な巡りあいとなる。
そして、20世紀の歴史を変えたといわれる曲<That’s All Right>の録音の運びになるわけだ。

 エルヴィスは心底マリオン・カイスカーを恩人だと周りの人に口癖のように話していたと言う。
その証拠にドン・ロバートソンがインタビューでエルヴィスは「彼女がいなかったら、今頃相変わらずトラックの運転手をしていただろう」と言っていた。これが、エルヴィスの口癖だったと言う。

 さて、今日の一曲は1958年全米2位のヒット曲<思い出の指輪>です。
野性味溢れたワイルドな感じのこの作品はエルヴィスが叩き付けるような歌い方の、典型的なロックン・ロール・ナンバーである。間奏なしで一気に歌い上げるこの作品はエルヴィスなくして歌えるものではない。
まさにエルヴィスの独壇場であるといいたい。なぜこの曲が1位にならなかったのが不思議なくらい、エルヴィスの真骨頂の作品の一つであると思う。この時の1位はデビッド・セビルが歌うノベルティ・ソング<Witch Doctor>。

 尚、この曲は1958年2月1日(土)に<My Wish Came True><Doncha’ Think It’s Time><Your Cheatin’ Heart>と4曲録音した一曲であります。

 普段耳にしている音源はTAKE22の完成曲です。この録音最後にビル・ブラックはエルヴィスとの元から離れていきます。彼はビル・ブラック・コンボを結成して、数々のヒット曲を出しています。


スポンサーサイト

21

Category: インストメンタル

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

King Of The Surf Guitar・・・Dick Dale And The Del-Tones
 king of the surf guitar Dick_Dale1.jpg

ビーチ・ボーイズの中で一番のお気に入りの歌は<夢のハワイ>です。
本当にこの当時はハワイに行くなんて夢また夢の話でした。
その昔、岡晴夫さんの<あこがれのハワイ航路>とい歌がヒットしましたが、正にその通りでした。

この曲は高校時代にラジオから流れてきて、アメリカの香りがしていました。
日本の歌と違ってセンスがあってハイカラ(死語ですね^^)な音楽だと羨ましく聴いていました。
彼らの音楽の中ではやっぱりSurfin’ and Hot Rodのスタイル曲が一番いいです。
グッドバイ・ブレーションは猫には難解すぎて分かりません。

 さて、ビーチ・ボーイズの話はこれくらいにして、以前から忘れっぽくなっています、それも重症みたいです。年を重ねるとこうなるんだとつくづく思い知らされました。
昨日も友人とそんな話になり、「年はとりたくないな~」と親父3人でそんなことで盛り上がって。
確かに猫は今62歳でママ猫と子供達から「パパ、頼んでいたものどうした~」と聞かれ猫は「?」状態です。困ったもんです。生活に支障が出ないだけ救われてはいますが。
さてどうでもいいような話題はこれでチョン!

 <今日の一曲>はなにがいいかな~と考えた末、サーフィン・ミュージックの創始者の”King Of The Surf Guitar” 異名を持つディック・デール・アンド・ザ・デルトーンズの<King Of The Surf Guitar>です。
彼は1959年彼の父親が経営しているDel-Toneレーベルから、<Ooh-Wee Marie/ Breaking Heart>でデビューを果たしましたが、ヒットはしませんでした。
彼は1963年大手のキャピトル・レコードと契約し、デビュー一作目の<Have Nagila>とカップリングで
リリースしましたが、なぜかヒットはしませんでした。これだけの実力を持ちながら、全国ヒット曲はLet’s Go Tripiin’( # 60)とThe Scavenger( #98)の2曲のみと寂しい感じがします。
おそらく、これはキャピトル・レコードの売り方が失敗したんだね。宝の持ち腐れとはこの事いうのか
惜しい事したもんだ。

この曲は女性のコーラスが入るので純粋な意味でのインスト・ミュージックとは言えませんが、それを除けば真に素晴らしい、インスト・サーフィン・ミュージックの一言に尽きます。
彼らしい豪快な演奏ですし、数あるインスト・ナンバーの中でも大好きな曲です。
彼等はビーチ・ボーイズと比較するヒット曲も少ないし、国内の知名度も低いです。  
 しかし、マニアの中では依然として人気が高いグループです。


14

Category: 記事

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

今日のレコード収集5
今一番欲しいレコードは、なんとアントニオ古賀さんの<その名はフジヤマ>です。
聴いてみて改めて名曲だと認識しました。
彼の歌は雰囲気歌唱力どれをとっても文句のつけようがありません。
本当にいい歌です。
フジヤマ

オリジナルはトリオ・ロス・パンチョスですが、途中、女性コーラスが入ります。
パンチョスも名演でとてもすてきですが、猫は古賀さんのほうが好きです。

今日のレコード収集は3枚手に入れました。
ドミノ・ツイスト・・克実しげる
かつみしげ1

このレコードには思い出がありまして、母親が猫の為に買ってくれた思い出のレコードなんです。
ただ、残念なことにいままでジャケットがありませんでした。
これは、ジャケットの欲しさにオークションで買いました。
意外と安かったです。
A面よりこちらの<ドミノ・ツイスト>のほうがお気に入りです。

太陽はひとりぼっち・・サントラ盤
太陽はひとりぼっち-011

最近気にいって欲しくなり購入しました。
出だしのイントロで決まりです。

さよなら!初恋・・・リトル・ペギー・マーチ
A面よりB面が好きです。
さよなら!初恋1

おまけ
サブマリン1 松坂慶子1
本郷直樹1-01

今回は歌謡曲の紹介が多くなってしまいました。












10

Category: pops

Tags: ---

Comment: 8  Trackback: 0

涙のキッス<All Over Again>・・・ジル・ジャクソン
 最近のお気入りの歌は、チョット、古い歌ですけれど杏里さんのヒット曲<オリビアを聴きながら>の曲を作った尾崎亜美さんの歌が素晴らしいと思いました。
You Tubeで聴きましたが、とってもソウルフルでまた杏里さんとは違った雰囲気をかもしだしています。
ユーミンの<ルージュの伝言>も大好きです。リズムがツイスト風で、
大分前ですがユーミンがこの曲を歌いながらツイストを踊っているTV見た事ありました。
You tubeで映像を観る事が出来ます。チョット化粧がケバイかな^^

猫は演歌を聴きませんが、番外として2曲ほど好きな歌があります。
それは、細川たかしさんで大ヒットした<矢切りの渡し>のオリジナル歌手である、ちあきなおみさんの<矢切りの渡し>と、高校時代にTVで観た大下八郎さんの<女の宿>のこの2曲です。
<女の宿>いい歌です。お気に入りです。

涙のキッス 033-all_over_again1.jpg

 今日の一曲は1963年全米1位に輝いた<Hey Paula>を歌ったポールとポーラのポーラことジル・ジャクソンが歌った曲です。ヒットはしませんでしたが、とても可愛くキュートな歌い方しています。
彼女がこんなに可愛く歌う歌手も少ないと思います。
猫はその可愛い歌い方にノック・ダウンです。ガール・ポップ・ソングの中ではとても素晴らしい一曲だと思います。

涙のキッス

04

Category: Doo Wop

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Close Your Eyes・・・ Lou Jordan The Chaperones
先日、運動不足解消の為、電動ウォーカーを購入しまして、早速ベルトの上で歩いています。
中年太り為お腹周辺が目立つようになり、これでは薄着では町の中歩けないと思いダイエットを始めました。
でもこの機械のお陰で何とか大丈夫でしょう。

6月1日はわが町では、奇祭と呼ばれる<ペタンコ祭り>があります。その祭りとは赤ちゃんの額に丈夫な子供と幸せを願っての丸いハンコを押す行事です。今でもこの行事は人気がる様で遠方から来る人もいるようです。

やっと、寒い春から一日中半袖でいられる陽気になりました。
風薫る6月になり、山の木々が色も鮮やかに変貌しています。
今頃の季節が好きです。でももうすぐ雨期に入ります。
これがなければ最高ですが、農家の皆さんには待望の雨だと思いますが。
また、この季節になるとそろそろ<怪談>の話題が増えています。こわいですね~

さて、今日の一曲は<Close Your Eyes>です。
ディオンとベルモンツのDoo Wopも素敵ですが、この世界は本当に奥深いものがあります。
ヒットしていなくても素敵な曲は沢山あります。
その中の一曲で無名のグループこの曲は、目を見張るほどの素敵で素晴らしいDoo Wopoです。
ジ・エコーズの<Baby Blue>も名曲ですが、この曲も名曲といってもいいでしょう。chaper2.gif 無題

ミディアム・テンポのバッラドソングで聴いて非常にき気持ちがいい歌です。
White Doo Wopファンの人なら気入る曲だと思います。
これ猫がお勧めの一曲であります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。