1
2
4
5
7
8
10
11
13
14
16
17
19
21
22
24
25
26
27
28
30
31
  05 ,2010

シングルジャケット
プロフィール

エルヴィス猫

Author:エルヴィス猫
FC2ブログへようこそ!
還暦を過ぎた親父が作ったブログです。10代の頃から、
自称エルヴィス「命」の大ファンで、その熱い想いはいまだ冷めておりません。このブログで通じて皆さんと楽しく交流が出来ればいいな~と思っています。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。ポチしてくれたらとっても嬉しいです
1800カウンター
アクセスカウンター
Today:

Yesterday:


出会いデリヘル出会い系出会いクレジット 現金化
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
足利市
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29

Category: 記事

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

One Hit Wonders in the USA
 青い三角定規、カルメン・マキ、アラジン、清水健太郎、クリスタル・キング
尾崎紀世彦、ピーター等の共通点は何だと思いますか。
歌謡曲に詳しい方はお分かりだと思いますが、ヒット曲が一曲しかない<一発屋>です。
英語で表記すると<One Hit Wonders>といいますが、デビュー曲が余りにも大ヒットしてしまって、後続の曲が全く売れないという 状況を指します。

 さて、一発屋をアメリカに目を向けますと、これまたゴマンといます。
伝説のキング・オブ・ロカビリーのカール・パーキンズ<ブルー・スエード・シューズ  US#2>
と大ヒットを放ちながらこれ一曲のみとは信じられません。でも彼は後続の歌手に多大なる影響を与えました。
ビートルズは彼の曲3曲録音しています。

 ではこれから主だった一発屋を紹介します。<1955~1959>
Cry Me River-Julie London・・・US9位。歌手兼女優でハスキーな歌で猫はメロメロ。
「天は二物」を与えた見本みたいな人。
Carl Perkins-Blue Suede Shoes・・US2位
The Fool- Sanford Clark・・・US#7。この歌エルヴィスのアルバム<ELVIS COUNTRY>でカバーしています。
Dark Moon- Bonnie Guitar・・・US6位。カントリーの名曲<ジェニーからの手紙>がヒットしないなんて信じられない。
Silhouettes-The Rays・・・US3位。そうか彼らもこの曲のみなんだ。
Alone-The Shepherd Sisters・・・US18位。いい歌、歌っているんだけどね。
Get A Job- The Silhouettes・・・US1位。
Jennie Lee-Jan And Arnie・・・US8位。ディーンと組む前のグループ。だから一発ヒット。
Little Star-The Elegants・・・デビュー曲がUS1位になって、前途洋洋のはずだったがこれが彼らのすべて。The Elegants1

Mona Lisa- Carl Mann・・・全米25位。
モナリサ
Rockin’Robin-Bobby Day・・・US2位
Woo-Hoo-The Rock-A-Teens・・・US16位。インスト・グループは一発屋が多いね。
Lonely For You-Gary Stites・・・US24位。ティーン・ポップで人気の高い歌です。
Sea Of Love-Phil Phillips・・・US2位。The Honey Drippersがカバーしています。豪華なメンバーでした。
Say Man-Bo Diddley・・US20位。なにこの人も一発屋なの。耳に残るあのリズムは忘れられない。
Gotta Travel On-Billy Grammer・・・US4位。ニール・セダカの<恋の片道切符>に出てくるよ。
Sea Cruise-Frankie Ford・・・US14位
Mary Lou- Ronnie Hawkins・・・US26位。彼のバックのThe HawksがのちのThe Band 。
Susie Darlin-Robin Luke・・・US5位。引退後は大学の先生になったとか。
439455-12481-53-45290-pc1.jpg

まだまだ、ありますが今回はここまででおしまい。





スポンサーサイト

23

Category: pops

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ドリーム・ドール・・・ジョニー・リバース
Scan10018.jpg johnny-rivers_8.jpg


 GWは暖かく晴天が続きましたが、終わってみたらまた寒い日々が続きました。
例年だったらもう半袖で過ごしているのが、いまだに長袖で過ごすとは誰が予想していたでしょうか。
 でもやっと、昨日、今日とやっといまどきの陽気に戻りました。

先日、親子3人ラーメン店に行きました。
猫とママ猫は女性に人気がある、塩ラーメン、子猫は肉入りラーメン、そして餃子3人前注文。
塩ラーメンは別料金で温野菜が付きます。これがまた美味しんですよ。さっぱり味でしつこくない塩加減で
何杯でも食べられそう。そしてここのシナチクは太くって美味しいし噛みごたえが?ありますし、岩ノリがラーメンの風味を醸し出している役目をしています。
 このお店は皆若い人ばかりで、活気があって明るいお店ですね。
注文してから出来るまで結構速いと思います。
 
 猫もその昔10代の頃出前をやっていた時は、元気がありましたね。
若いころって今と違って覚えが早いんです。まぁ、そのためには、仕事が終わった後、料理の手順や具材などノートに書き込んでいました。
 
 今でも料理は時々します。得意料理はチャーハン、焼きそばですが^^。
チャーハンはスピードが命です。ご飯は普段食べているご飯よりも硬めに炊いたほうが、
パラパラ感が出ます。味付けは人それぞれですが、猫は塩のみで作っています。最後に醤油を鍋肌にまぶして香りづけします。お酒を入れても美味しくなります。
で、なんといってもチャーハンの決め手は火力です。
家庭では十分鍋を熱くしてから炒めたほうが美味しく出来ます。

 さて、今日の一曲は、ジョニー・リバースの<ドリーム・ドール>です。
1964年チャック・ベリーのカバー曲<メンフィス>は全米2位と彼自身初の大ヒット曲となった。
この一曲で人気歌手の仲間入りを果たしこの後ヒット曲を連発しましたが、彼もご多分にもれず長い下積み生活を送っていました。しかし、<メンフィス>の大ヒットで長年の苦労が実を結んだ感じで、彼自身も嬉しかったでしょうね。

 この曲は人気が出る直前の曲で、ティーン・ポップの佳曲であり、UA時代の最高傑作でしょう。
この曲の次にリリースしたのがインペリアル・レコードからリリースしたのが<メンフィス>です。
甘く温泉卵のようにトロトロな歌い方のジョニー君にシビレタ人も多いと思いますが、猫もその一人です
。こんな素敵な曲でもアメリカではヒットしませんでした。話題になったのは日本だけ?
もう一曲Dee Dee レコードからリリースした<Your First And Last love>もとっても素敵な曲です。是非、聴いてみてください。

20

Category: 記事

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

オールディーズ・タイトルいろいろ
 50年代後半から60年代中ごろまでに、原題と関係ないタイトルが幅を利かせていました。
今思うと実に安直だと思いますが、でもその実体験したポップス・ファンはそんなことは考えてもいなかったですね。
第一、原題の意味なんか分かるはずがないじゃないですか。英語の苦手な日本人としては、このような安直なタイトルに親しみを持ちます。原題を忠実に訳してリリースしたってどうですかね?
 例えば今人気のあるレコードはと聞かれても、訳した曲名を言っても短いタイトルならいいですけど、長ったらしいのもありますからね。曲名を聞いただけで聴く気が失せると思いますが・・みなさん如何でしょうか?

さて、そんなオリジナル・タイトルの意味と全く関係ない?日本独自のタイトルを集めてみました。
調べましたらありましたね~
今回は<恋の・・>タイトルの代表的なものを挙げてみました。いや~調べましたらこんなにあるのかって思うほどありました。では・・
 <恋の・・関するタイトル>
<恋の片道切符>・・One Way Ticket(’59)・・ニール・セダカ  <恋の一番列車>・・Going Home To Mary Lou(’62)・・2曲ともアメリカではヒットせず、日本だけのヒット曲。
恋の日記

<恋の日記>・・The Diary(’58)・・ニール・セダカの最初のヒット曲<全米14位>
<恋の売り込み>・・I’m Gonna Knock On Your Door(’61)・・  エディ・ホッジス・全米12位
<恋のアイドル>・・It’s Up To You(‘62)・・リッキー・ネルソン・全米6位
<恋の特効薬>・・Love Potion # 9・・ザ・サーチャーズ・・全米3位・オリジナルはザ・クローバーズ
」恋の特効薬

<恋の汽車ポッポ>・・Train Of Love・・アルマ・コーガン・・オリジナルはアネット(全米36位)
恋の汽車ポッポ

<恋の終列車>・・Last Train To Clarksville・・・ザ・モンキーズ・・全米1位・綿密に計画されスターになるべくしてなったスター。
<恋のダウンタウン>・・Downtown(’65)・・ペトゥーラ・クラーク・・全米1位
<恋の大穴>・・A Big Hunk O’Love(’58)・・エルヴィス・プレスリー・・全米1位・入隊中のヒット曲
<恋のラバーボール>・・Rubber Ball(’60)・・ボビー・ビー・・全米6位
<恋のパーム・スプリングス>・・Live Young(’64)・・トロイ・ドナヒュー・「パーム・スプリングスの週末」「サーフサイド6」、や「恋愛専科」で日本では人気があった俳優です。
<恋のスーパー伯爵>・・Duke Of Earl(’62)・・ジーン・チャンドラー・・全米1位・ソロで歌わせるのに大変な思いをしてヒットした曲。
<恋のドライブ・イン>・・Popsicles And Icicles(’63)・・ザ・マーメイズ・・全米3位・・一発屋

まだまだありますが、最後に長いタイトルを紹介します。
<恋のワルツ>・・When The Girl In Your Arms Is The Girl In Your Heart・・クリフ・リチャード・全英3位・・長いタイトルも<恋の>でいとも簡単になっちゃう。
恋のワルツ

こうやって調べるのは大変ですが、結構面白いです。皆さんも調べてみては如何ですか?

 次回は悲しき・・に関するタイトルを紹介する予定です。

<恋のドライブ・イン>


<恋の特効薬>


<恋の売り込み>

18

Category: pops

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

セイラー・ボーイ   シェリー・シスターズ
            セイラー・ボーイ
 
今日は暑かったです。こんな日はお蕎麦かうどんが食べたくなります。冷やした汁で頂く感触はたまりません。若いころからお蕎麦は好きでしたが、うどんは嫌いでした。なにしろ毎晩うどんでしたので飽きてしまいます。
自営業だったので夕飯はいつも簡単に出来るうどんって事になるのです、それにご飯はありますがおかずがないんですよ。食べざかりの時にこれでは身長も伸びませんよ。
うどんがおかずでは夕飯の楽しみありませんでしたね。

 去年の8月からプーちゃんなんで主夫しています。ママ猫はお仕事に行っていますので、猫が食事・洗濯以外の事を受け持っています。いや~主婦の皆さんは大変な仕事をしていると思いました。
猫は簡単なスーパーでの買いだしや洗濯物を干したり畳んだりしています。
 当然ゴミ出しもしています。これ旦那の常識ですからね。よく、近所の御主人がゴミ出しをしている姿見かけます。後、時々郵便局にも行きます。それでいろいろ覚えました。今まではママ猫がしていたので、そんなに大変だとは思いませんでしたが、彼女の苦労がよ~く分かりました。

 ママ猫が遅い時は子供の食事も時々作ります。凝った料理は出来ませんが、カツ丼とか野菜炒め、オムライス、チャーハン、肉料理ぐらいは出来ますので、でも大体チャーハンで済ませています。簡単だから!
猫はスープも好きなので、この間は<ザーサイ・スープ>を作り、美味しいと言ってくれました。
スープの具材は何でもいいんです。卵があればなんとかカッコがつきますから。
卵スープ、トリスープ、野菜スープ、大根スープなどなど、いろんなバリエーションがあって面白いですよ。

 さて、今日の一曲はシェリー・シスターズの<セイラー・ボーイ>です。
彼女らの経歴は分かりませんので、A サイドレコードから発売した<POPSICLE AND ICICLES>の解説を引用させて頂きます。それによるとアメリカでは全くの無名のようでしたが、日本ではなんとシングル盤が7枚もリリースしていたと書いてあります。もっとびっくりするのが来日も2度あったそうです。これは知りませんでした。このことで日本の人気の高さが窺い知れます。曲はバブルの音が印象的でとても可愛いらしく歌っている作品です。

15

Category: pops

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

なみだの日記   バリー・ダーベル
なみだの日記 barry darvell
 
音楽ファンの中にはオーディオを趣味としている人もいると思いますが、本格的に音質に拘るとお金がかかります。かく言う猫もその口でオーディオ歴はかれこれ45年以上前になります。
最初はラジオにプレイヤーを繋いで聴いていたものです。とにかくレコードを聴きたかったのでなんでも良かったのです。

最初買ったレコード皆さん覚えていますか?恐らく忘れてしまった方が多いと思いますが、猫は何をトチ狂ったかジョン・フォード監督の<捜索者達>のEP盤を買ってしまったのです。
これは全く当てが外れましたが、次はこれまたテネシー・アーニー・フォードの<ワーク・ソング>など買ってしまった。その当時、ポップスの人気レコードが全く知らなかったことから起きた悲劇でした。

本格的にオーディオに目覚めたのは、料理学校に通っていた頃、従兄弟とアパートに同居していた時、従兄弟がその当時見たこともないオーディオ装置を持っていまして、時間帯が夜でしたので初めてヘッド・ホーンでエルヴィスを聴いた時、余りの音の良さに感動しまして、猫も社会人になったらこれより凄いオーディオ装置を買うと決めました。これを機縁として本格的なオーディオ人生がスタートした瞬間でした。

 まず社会人となってから最初に買ったのが、3点セットのコンポでした。池袋の西武デパートで月賦で買ったもので嬉しかったです。このコンポを5年近く聴いていました。
 実家に戻り最初に買ったのが、その当時パイオニアから発売していた3点セットを買いました。
このコンポは前のコンポと違って、本格的な装置でしたので満足していました。まぁ、これは母親から買って貰ったものですが・・・

 これを機会に音質重視に機器を入れ替えていました。もうこうなるとキリがないんですよ。
カートリッジからケーブルまでいい音がするようなものをお金に糸目をつけず買いまくっていました。
やっぱ、音が一挙に変わるのはスピーカーです。SPも何本も入れ替えました。
アンプもセパレートにしそれもえらい高い機器でして、ママ猫も呆れていました。 

 では、今日の一曲は1961年にリリースしたバリー・ダーベル<なみだの日記 Lost Love>です。
この曲はオールディーズ・ファンなら誰でも一度は聴いたことがあると思います。
日本人好みのマイナーなバラッドで涙なくして聴けない作品で、ニール・セダカの<カレンダー・ガール>様な作り方で月曜日から日曜日まで恋の歌で綴られていますが、内容は失恋の歌であります。
但しこれは日本だけのヒット曲でアメリカでは見向きもされませんでした。
彼は多くのティーン・ポップを歌っていますが、この曲が最高にいちばん素晴らしい。

また彼は<ジェロニモ・ストンプ 1959年>でいかしたロカビリーを歌っています。
興味ある方はyou tubeで是非聴いてみてください。

12

Category: pops

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

気まぐれデイト・・・ブライアン・ハイランド
気まぐれデイト brain hyland

これから日一日と暑くなってきます。それと並行して水の事故が多くなってきます。
猫もガキの頃溺れそうになって2度ほどヤバイ目会いました。
一回目は橋の下で泳いでいて突然足に痙攣がおき泳げなくなり、アップアップしていましたが、近くにいた近所のお兄ちゃんが助けてくれました。いや~あの時はもう駄目かと思いました。

 2回目は夏ではなかったと思いますが、河川で砂利を採取するために掘った穴が、沢山ありましてそこへ歩いていたら足を滑らして、砂利穴に落ちてしまして、またそこでアップアップしていましたら、運よくそこへ大人の人がいて助けてもらいました。猫は泳げますが頭がパニくってそんな状況ではなかったと思います。子ども一人で危険な場所に行くのは良い子のみんな止めましょうね・といってもこれを読んでいるのは大人ですから無意味でしょうね。

 最近、幾分お腹にお肉が付いて気にしています。これから薄着の季節になるのでお腹が出ていたんじゃ町の中にも歩けないと思い、ダイエットに挑戦中です。本当は適度な運動をすればもっと効果があると思いますが、なんせ、運動嫌いなので食事制限しています。その涙ぐましい?お陰で幾分お肉が減ってきました。何とか夏までには間に合いそうです。やれやれ^^

 これでも中学高校と陸上部に所属していまして、猫は長距離で頑張っていました。自慢するほど早くはありませんが、走ることが好きなガキでした。よく駅伝大会には走っていました。順位は覚えていませんのでたいした結果ではなかったのでしょうね。

 今日の一曲はブライアン・ハイランドの<きまぐれデイト・・・Every Other Night>。
彼のヒット曲は何と言っても<ビキニスタイルのお嬢さん>が超有名ですが、その陰に隠れて国内では目立たない大ヒット曲があります。それは1962年<Sealed With Kiss(涙の全くちづけ)3位>と1970年<Gypsy Woman 全米3位> です。それと彼は1960年から1971年までに20曲近いヒット曲を放っています。ビートル時代を何とか乗り切った数少ない歌手の一人です。

 でも彼の数ある曲の中からティーン・ポップを聴くなら今日紹介する曲と<16個の角砂糖>の2曲しかありません。この2曲は1994年~95年にかけてエーサイド・レコードから発売したCD<Teen Pop Collection 1,2>に収録しています。
 猫は<16個の角砂糖>よりも<気まぐれデイト>の方が好きです。理由はこっちのほう猫好みの曲だという理由だけです。きまぐれデイトのオリジナル盤が横浜のB・T・T・Rで記憶が正しければ9万円で売っていたと思う。
あまりの価格の高さに閉口しましたね。国内盤はもっと手に入れにくいと思っていたら、エーサイド・レコードで発売してくれましたから嬉しかったですね。そして、今はyou tubeでも観られるし。いい時代になりました。

09

Category: pops

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ポケット・トランジスター・・・アルマ・コーガン
ポケット・トランジスター alma cogan1


GWは快晴に恵まれてお野菜の価格も安定してきた感じです。
なんてたってキャベツがメチャ高かったです。
このGWはどこも出ませんでした。パチンコ三昧の日々でしたね^^
どこに出かけるにも車を使用していますが、用事が近くなら健康のため歩いた方がいいとは分かってはいますが、つい車で出かけてしまいます。

温泉に行きたいですね。若い時は行こうとも思わなかったですが、年齢を重ねるにつれて硫黄の臭いが
恋しく?なります。温泉の成分によって効き目が違ってくるようですが、頭の良くなる温泉ってないですかね。なんかジジィ臭く(ジジィだけど)なってきましたが、お許しあれ^^

 若いころ東京で生活していました。若いころって一度は東京に出てみたいと思いませんか?
猫は調理師を目指して、H料理学校に一年通いました。最初は製菓を希望していたんですが、母親に反対されて中華料理に変更しました。母親の権限は当時絶対的だったので反論が出来ませんでした。なんとも情けない子供でした(/_<) ナケルネェ

 就職は茗荷谷駅の近くの中華料理店に住み込みで就職しました。
当初は失敗続きでしたね。餃子全部丸焦げにしたり、出前の途中でランチ5~6人分自転車から転んで
駄目にして落ち込んだ時もありましたが、慣れるにつれて仕事が楽しくなってきました。
 当時出前は辛かったです。それと、休日が月に2回しかありませんでした。これが一番辛かったですね。遊びたい盛りでしたから、しかし今となっては良い経験をしたと思っています。

 さて、今日の一曲はアルマ・コーガンの御存じ<ポケット・トランジスター>です。
この曲のオリジナル歌手はダニー・ジョーダンです。
アルマ盤は1960年英国で発売され日本でヒットしたのは翌年の61年でした。TBS「今週のベスト10」1961年9月18日付で最高位3位まで上昇しました。結構ヒットしたんですね。正式曲名は<Just Couldn’t Resist Her With Her Pocket Transistor>で訳せばどんな意味になるのでしょうか。英米どちらともヒットせず日本だけのヒット曲です。でも長い曲名ですね(^。^)
この曲はオールディーズ・ファンには人気があります。<恋の汽車ポッポ><グッドバイ・ジョー>
も人気がありますが、<ポケット・トランジスター>の方がその2曲よりも人気があると思います。

 また彼女はビートルズの曲4曲ほどカバーしています。そのうち公式レコード化にしたのは
1965年に吹き込んだ<Eight Days A Week/Help>の2曲で、この時のレコーディングには、ジョンと・ポールが立ち会ったと言われています。他の2曲は<I Feel Fine ,Ticket To Ride>で、まだあるかも知れませんが猫が知っているのはこの4曲です。

06

Category: ロックン・ロール

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

恋の魔術・・・エルヴィス・プレスリー
恋の魔術1elvis5.jpg

この年になると今まで収集したレコードの事が気になってきました。
それは、猫も生身の体なので^^
亡くなった後、約2、000枚あるレコードの事を心配しています。
これ、収集家にとっては避けては通れない大問題です。

ママ猫に話したら生活費の足しにするとほざいております。泣けてくる~(@_@;)
女性は物を集めることには関心が薄いですし、大体「オタク」は男性が多いですから。

まぁ、死んだあとは何も分かりませんから・・
好きなようにしたらいいと思いますが、でもやっぱり悲しいです。
レコード集めは15の時エルヴィスのレコードを買い始めてから47年になります。
それだけレコードに対する思いは人一倍強いです。
でもまぁ、今まで良く飽きずに集めたと思います。自分を誉めてあげたい気分です。

 さて今日の一曲は久し振りにエルヴィス・ナンバーから「恋の魔術」でも。
録音日は1963年5月27日。この時に26日~28日にかけて全15曲ほど録音しています。
当然両面ヒットです。A面8位、B面32位にランクされました。
因みに両面ヒット曲が多いのは断トツでエルヴィスですが、ビートルズ、リッキー・ネルソン、ファッツ・ドミノも多いです。
ボサ・ノバ・ベビーのB面として発売したこのレコードは裏にも写真が貼ってあります。
A面のほうは赤いシャツですが、B面は白いシャツを着ていてエルヴィスの顔もこちらのほうがより2枚目に写っています。

この曲のオリジナルはR&Bのザ・スパイダーズが55~56年にかけてヒットした曲です。
エルヴィスはブーツ・ランドルフのサックスに乗って軽快に歌っています。
猫もこの曲は大好きな一曲であります。
本当にエルヴィスはこの手の曲は上手だと思いますね。

尚、エルヴィスが除隊してフランク・シナトラの番組に出て歌った<Witchcraft>とは同名異曲です。

03

Category: 記事

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

今日のレコード収集4
 今日はいつもの友人のお店に行きました。お酒を飲んでいたので弟に途中まで送ってもらった。
お酒を飲んだら飲酒運転は止めましょうね。これ大人の決まりごとだよ。
baby blue1 the Echoes1
 
till then1 The Classics1




 さて、マスターとの話の中で、最近の人気レコードのジャンルは、オリジナル盤の人気が出てきたと。猫がレコードを集め始めたのが、高1の時でエルヴィスのアルバムを中心に買い集めていた。もう、
シングル盤も当然エルヴィス盤を夢中に集めていた。今でも後悔しているのがザ・コントァーズの「Do You Love Me」の日本盤と50年代エルヴィス盤でなぜ手放したかと言うと、その当時発売していたエルヴィスの<ゴールデン・レコード第3集>が欲しかったから。それもレコード・ジャケは日本独自のジャケだったので、何としても欲しかった。でも当時の価格は1,500円で、ガキの猫には大金だった。もう泣く泣くシングル盤を売って、やっとの思いで、エルヴィスのアルバムを手に入れた。嬉しかったですね。

 で、本格的にレコード収集にめり込んだのは25歳の辺りからで、アルバム中心に買ってました。
でも、なんせ田舎の事なので欲しいレコードが手に入らないので、一大決心?して東京に行って何気なく入った銀座の<ヤマハ楽器>だった思う。そこで見たのは今まで見たことないような、よだれが出そうなレコードが置いてあった。エルヴィスのオリジナル盤とか、ロイ・オービソンなどのアルバムが沢山あった。
 なんせ、もう40年近く前の事なので記憶が薄れていますが、ここで運命の<雑誌>との出会いがありました。

 それはオールディーズ雑誌の先駆けの<Forever誌>との出会いでした。もう知らない歌手たちが事細かに紹介されていました。これを境にして猫のレコード収集が鬼のようなレコード収集がスタートしたわけです。
ちなみにこのとき買ったのは表紙が<フレディ・キャノン>でした。特集に<大滝詠一>さんの事も掲載しています。
なぜか初々しい感じの自己紹介です。・・「これからもナイアガラをよろしく」って書いてあります。

 当時はオリジナル盤よりも日本盤に人気が高かったです。知っているように、国内盤はジャケットがあり解説までついていますが、アメ盤は何にもありません。袋にレコードが入っているだけです。
たまに袋にピクチャー・スリーブといって、袋に写真が貼ってあるのもありますが・・・

 オリジナル盤のよさはなんといっても<音質のよさ>ではないでしょうか。それとハードジャケとレコード自体重いです。もう、国内盤とは段違いです。貫禄が違いますよね。
エルヴィスの78回転の音質のよさにはビックリしましたから。

 だいぶ前書きが長くなりました。
今日はオリジナル・シングル盤を3枚ほど買いました。
いまだに人気が高い白人ドゥー・ワップ・グループ<The Echoes>、<The Classics>とR&Bの<The Contours>。

The Echoesの<Baby Blue 1961年>、The Classics<Till Then 1963年>は素晴らしい名曲であります。
夢を見るような甘いソフトなコーラスで、いつまでも聴いていたい曲です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。